カテゴリの最新記事

カテゴリ:IoT・AI・科学

5月 26 2018

梨田先輩800勝

投稿者:

今日(5/26)も、朝は曇りがちだったものの、徐々に雲が取れ、午後からは晴天。
九州南部が梅雨入りしたとの事で、いやな季節が近づいている様です。

明日は、江津市長、市議会議員選挙の投票日。
明日も、天気が良さそうで、投票率が上がる事を期待します。

 

我が母校の梨田先輩が、昨日(5/25)の楽天ーソフトバンク戦で、監督通算800勝達成したと。

https://www.asahi.com/articles/ASL5T75Y9L5TUTQP04C.html?iref=comtop_latestnews_01

16人目の達成との事。
先輩、おめでとうございます。
我が母校の誇りです。

今年は、出だしで、躓いていたが、徐々に力が戻って来ており、これからが楽しみです。

 

 

日野自動車は、ドライバーの急病といった走行中の異常発生時に、車両を停止させることを支援する「ドライバー異常時対応システム(EDSS: Emergency Driving Stop System)」を開発した。と。

https://trafficnews.jp/post/80520

国土交通省によると、急な発作や疾患といったドライバーの異常に起因する事故は、年間200~300件発生しているとのこと。
報道に乗る事も、少々多いとは思っていたが、年間200件以上発生しているとは驚き。

 

今までは、乗客が異常に気が付いても、ハンドル操作は何とかなっても、ブレーキを踏む事は、運転手がいる状態では、非常に厳しかったと思われる。

最終ページのイメージ図を見ると、外部にも知らせ、ブレーキも他のセンサーとの組み合わせで、極力安全に止めるシステムになっている様だ。
期待できるシステムに思える。

 

今回は、観光バスに適応との事で、将来は一般の巡回バスにも適応するとの事。

このシステムは、バスだけではなく、タクシーにおいても適応してほしいものと思う。
更には、一般車においても、助手席からの操作が出来る様にする必要があるのではないかと・・・。
その前に、自動運転車が当たり前になるかもしれないが・・・・。

コメントはまだありません。

5月 24 2018

保険適用外の治療・薬

投稿者:

今日(5/24)は、朝から晴天で心地よい1日。
この天気が、暫らく続くと良いのですが・・・・・。

 

今日は、特に決まった仕事は無く、自宅で資料作りをしつつ、ゴロゴロと過ごした。
と言う事で、日中、とりあえずTVを付けていて、ニュース、ワイドショー・・・・・と。
そのどの番組でも、昨日の日大のアメリカンフットボール部監督とコーチの会見の模様を放送。

会見のひどさに、うんざり。
更に、日大広報担当の司会進行に、日大の現状の姿を見た気がした。
これでは、24日に関学大に、改めて回答した文章も見なくても、ひどい事が想像できる。

日大の中には、この事件発生からの後手後手に回っている対応を、正常に戻せる方はいないのかな?

 

この対応を、日大、アメリカンフットボール協会等が正常に戻すことが出来ないと踏んだのか、スポーツ庁長官が乗り出した。

https://www.asahi.com/articles/ASL5S3VPJL5SUTIL01B.html?iref=comtop_8_04

早期に、関学の被害学生、日大の反則を犯した学生が、1日も早く普通の学生に戻る事が出来る事を祈りたい。

 

 

慶応大学病院は、がんの原因遺伝子を調べて効果的な薬を選ぶがんゲノム医療で、従来より簡易に160種類の遺伝子を調べられる検査法を開発した。と。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20180520-OYT1T50153.html?from=ytop_ylist

最近、この”ゲノム医療”という単語を聞く機会が増えた気がする。

しかし、この治療は、保険が利かないため、自費診療による検査は50万~100万円。
慶大病院でも約80万円と、多くの患者には手が届かないのが現状という。

今回の手法は、解析機器で遺伝子を読み込む回数を従来の半分にし、手順も効率化した簡易検査を考案したもので、遺伝子変異の有無は確定しないが、疑いがあるかどうかを判定でき、費用は数万円で済むとの事。

これで、適切な抗がん剤等を見つけ出せるとなると、ありがたい。
AIとの組み合わせで、この技術が益々有効になる事を期待したい。

 

しかし、何故健康保険が効かないのかな?
健康保険適用外の治療や薬がある事は、認識している。
すべてを適応とはいかないとは思うが、この様なかなりの方が関係する治療については、早期の適応を求めたい。

2 件のコメントがあります。

5月 23 2018

介護職員34万人不足

投稿者:

今日(5/23)は、朝から雨。
気温も上がらず、再び4月頃に戻った感じ。
明日からは、天気も回復し、再び平年並みの気温に戻る予報。

 

 

厚生労働省は、介護職員が2025年度時点で約33.7万人足りなくなるとの推計を発表した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052100795&g=soc

その為には、団塊の世代が全て75歳以上になる25年度までに新たに約54.7万人確保する必要がある。と。

同省はさらなる待遇改善や外国人材の活用に加え、介護ロボットの導入による負担軽減に努める。と。

 

これは、えらい事です。
最近、介護職場でも研修をさせてもらっていて、多少その仕事内容を把握している。
残念ながら、生産系組織ではない為か、”改革”とか”改善”という言葉が浸透しずらく、なかなか厳しい。
一部の職場で、タブレットを使った管理が始まっているが、まだまだ遅れていると言える。

更に、一般的に給与が安いと言われていて、最近、平均給与を1人当たり月5.7万円相当積み増しされた様だが、それでも安いらしい。

 

最近は、介護系の仕事以外でも、現在人員不足となっている。
そんな中で、54.7万人を確保しないといけないとは・・・・。

介護ロボットは、徐々に現場に入りつつあるとは聞いているが、まだまだ少ない。
外国人介護士を増やす努力はしているとは聞くが、言葉の壁が最も高い様である。

 

介護される方が増えている事は、江津市でも言えるのか、私がUターンした頃に比べ、明らかに介護施設が増えていると感じる。
その分、介護士が増えているのだとは思われるが、まだまだ不足していると聞く。

更に、経営者及び従業員共に、介護専門教育以外の一般教育が不足しているためか、離職者が多いとも聞く。

 

これらを考えると、2025年の介護士不足は、解消するだろうか?
しかし、2025年を超えると、人口減少が始まり、今度は介護士が余り始めるのかな?

 

 

医者不足、看護部不足等とも合わせ、仕事の需要と供給は、なかなか上手くいかないようだ。

更には、2011年アメリカの学者が「今の子供たちの 65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く」と発表している。
ちょうど2025年ぐらいからいな?
益々、現状の職業の人員不足は、加速しそうだ。

2 件のコメントがあります。

5月 21 2018

海水のシャーベット氷

投稿者:

今日(5/21)は、朝から晴天で、昨日までと変わり、快適な気温となりました。

上の写真は、浜田市三隅町の道の駅にて。
少し波がありましたが、海の色は夏の色に近づいています。

 

 

今日は、上の写真を撮影した近所にて午後から講義。
その前に、浜田市内のお寿司屋さんでランチ。

アジのたたき丼を食した。
この丼は、アジのシーズンの時期のみのメニューで、この時期時々お邪魔している。

 

大将と雑談していると、
「海水のシャーベット氷を知っていますか?」
「初めて聞きました。」
「シャーベット氷を下に引き詰め、新鮮な魚を置いて、上に少しだけシャーベット氷を撒く程度で、保存すると、数日後でも、全く鮮度が落ちないんですよ。」
と言う事で、その処置をしてある鯵を見せてもらった。
その氷は、-1℃程度との事で、数日経っている鯵でも死後硬直が無い。
お腹の部分をつついても、流石に釣りたてとはいかないが、良い感じ。

 

浜田の漁業関係の施設で試験的に小規模の設備を作ったとの事。

産総研の開発レポートを見つけましたので、参考に。

産総総研のレポート

 

従来の水氷だと、魚の塩分濃度が高いので、魚に水分が入るのだそうで、この海水氷だと、その現象が抑えられるのだそうです。
こんな事は、昔から判っていたと思うのですが、海水のシャーベット氷を作る技術が無かったのでしょうね。

 

「水槽で活魚を配達している。」という報道を見たことがあるが、このシャーベット氷の技術を使うと、安価で新鮮な魚が、全国で味わえる事となると思われる。

 

こんな技術は、当然TV等でも扱っていると思え、私か遅れていた気もするが、昼食時に私にとっては新しい情報を頂いた。感謝。

2 件のコメントがあります。

5月 19 2018

明日、江津市長・市議選告示

投稿者:

今日(5/19)は、昨日までの蒸し暑さは消え、昨日の午後からの雨で冷やされたのか、雨が上がり、お昼ごろからは日差しもあったものの、冷たい強い風が吹き、気温も17℃程度と寒い1日。

この気温の変化には、体がついて行かない感じ。

 

 

明日、江津市長選挙、江津市議会選挙の告示日。
投票は、5/27

山陰中央新報によると、
市長選には、現職、新人の2人が立候補予定。
市議選には、定数16人に対し、現職12人、新人4人、元職1人が立候補予定との事。

 

 

安倍首相は、未来投資会議で、プログラミングなどに関する「情報科目」を国語や英語と並ぶ基礎的科目として大学入試に追加する方針を表明した。と。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180517-OYT1T50116.html?from=ytop_ylist

首相は会議で、AI(人工知能)や情報処理に関して、「これからの時代の『読み・書き・そろばん』(にあたる基礎的な技能)だ。文系、理系を問わず理数の学習を促していく」と述べ、文部科学相に改革案の検討を指示した。と。

 

大丈夫かな?
首相の個人的意見かな?
『読み・書き・そろばん』(にあたる基礎的な技能)と書いてあるが、”基本的な技能”をみんなが熟知する事が目的になると、何かしら違った方向に行く可能性がある気がする。
大学入試の為の勉強となり、発想力の育成とは異なる気がする。

勿論、進学する学部によっては、昔の情報処理(今は、多方面に判れていて、良く知らない。)の様な試験も必要とは思うが・・・・。

4 件のコメントがあります。

5月 16 2018

「白州12年」など販売休止 

投稿者:

今日(5/16)は、朝から曇りがちで、時々パラパラしたり、時折日差しがあったり・・・・。
午後からは、急に蒸し暑くなった感じで、瞬時30℃を超えた様です。
いよいよ、この嫌な季節になって来た様です。

 

 

アーテックロボを使用した小・中学生のための第2回国際ロボット競技会「Universal Robotics Challenge 2018」が開催される。
当HPのコメンテーターの”三歳からの同級生”君の会社が主催。

https://resemom.jp/article/2018/05/11/44485.html

主目的として、子どもたちがロボティクス技術への興味・関心を深め、仲間と学び合い、チームワークにより課題解決を目指すことをねらいとしている。と。

そのテーマが面白い。

【ロボット競技部門】
テーマ:スマート農業(種まきや収穫を自動で行うロボットの開発)

【アイデアコンテスト部門】
テーマ:生活家電(家の中で家族の役に立つロボットの開発)

特に、スマート農業(種まきや収穫を自動で行うロボットの開発)については、ほとんどの子供たちは、その現場を見たことはないだろうし、現状の課題を掴んでいるとは思えない。
その現状把握を行う事から、始まるり、その課題を掘り出し、その課題を解決するロボットの設計・製作。

地方大会(2018年8月から9月)を勝ち抜き、決勝大会( 2018年9月8日(日))となる。
時間が合えば、決勝大会を見てみたい。

 

2020年から、小中学生のプログラミング教育が始まる。
先生方でも、いまだにプログラミングを教える事が目的と勘違いされている方が多い気がする。
そこではなく、上記に書いた通り、現状把握、課題の分析、改善案の策定をする事が主目的。
勿論、そのロボットを作るためのプログラミング技術は、必要ではあるが・・・・。

 

益々、この様な競技大会が盛んになる事を期待したい。
アーテック社様、頑張っください。

 

 

その現状把握が、出来ていないのが、酒の話題。
サントリーは、国産ウイスキーの「白州12年」と「響17年」の販売を休止する。と。
ハイボール人気の高まりなどで原酒が不足しており「白州12年」は在庫がなくなる6月ごろ、「響17年」は9月ごろから休止となる見通しだ。と。

https://www.asahi.com/articles/ASL5H5HLRL5HULFA031.html?iref=comtop_photo

ウイスキーは、1983年をピークに低迷していたが、炭酸水で割るハイボールの販売に力を入れてブームとなり、2008年以降、需要が拡大。
さらにNHK連続ドラマ「マッサン」の影響で人気に火がつき、この10年でウイスキーの国内の出荷量は約2倍に増えた。

おそらく、1983年の時には、2008年から需要が拡大するとの読みは、出来なかったと思われ、徐々に減産する方向での生産計画だったのでしょうね。
しかも、増産指示が出たとしても、 「白州12年」は、出来上がりは12年後、「響17年」は、17年後?
正確には、色々な原酒を混ぜているとかで、一番若い酒が12年と言う事だそうで、いずれにしろ12年は待たないといけないという事かな?

ウイスキー好きの方については、販売休止は、大変ですね。
生まれてこの方、禁酒している私には、関係ないのですが・・・・。

6 件のコメントがあります。

5月 13 2018

VRでの海外旅行?

投稿者:

今日(5/13)は、深夜から雨が降り始め、夕方まで降り続いた。
今年は、5月なのに、時々梅雨時期の様な雨が降る。
梅雨入りが早いのでしょうか?

 

今日、「江の川下流総合水防訓練」が、渡津町の江の川右岸側の河川敷で開催された様です。
水防団による水防活動、住民参加の避難訓練、消防・警察・自衛隊の機関が連携した孤立者救助訓練などが実施された様です。
水害になるレベルでは無いですが、一日中雨でしたので、そんな中、ご参加された方には、ご苦労様でした。

 

それに伴い、エリアメールが配信されました。

この訓練が、毎年行われているかどうかは、不明ですが、この様にエリアメールの発信も含めたものは、初めてと思われます。

江津市の防災メールもありますが、登録者は限定されている事や、他地域からたまたま来ている方もおられる事を考慮すると、エリアメールは、有効だと思います。

 

久しぶりにエリアメールを受信し、気が付いたことが・・・。
今日のメールの配信音が、今までの、けたたましい音ではなく、やさしいチャイム音。訓練なので、この音だったのかな?それとも、水害は、時間的には少し余裕があるので、この音だったのか?

エリアメールの保管場所が、変わったのか?
先日の地震の時もエリアメールが発信され、確認した後、メール本文が携帯会社のメールホルダーに保存されていない事に気づいていた。
3.11の時は、新橋に居て、その時はガラ系で、メールホルダーに保存されていた事を記憶している。
今は、スマホになり、アプリがある為、そのアプリの中に保存される事になったのかな?

ルールの変更は、ともかく、このエリアメールが発信されない事が良いのだが、災害時等に適切に発信される事を期待したい。

 

 

興味のある話題があった。

飛行機の離陸映像やVR(仮想現実)のゴーグルを付けてパリのエッフェル塔など観光名所の映像を楽しめるほか、客室乗務員(CA)役のスタッフが提供する「機内食」を味わうこともできる。施設が人気の様だ。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180512-OYT1T50070.html?from=ytop_top

完全予約制で料金はファーストクラスが5980円、ビジネスが4980円。との事。

 

手ごろな値段で、一度体験してみたいものだ。
VRの発達で、色々な体験が出来る様になりそうです。

 

その昔、火力発電所の設計技術者だったころ、発電所の1/25のプラントモデルを作り、色々な物の配置を検証する取り組みが始まった。
その為に、設計手順が変更となり、大変な目に合った事も記憶しているが、出来上がったものは、実に有効に活用できた。
更に、そのモデルの中に、CCDカメラを入れて、動かすと、発電所の中を歩いているかのような錯覚を起こすほどだった事を覚えている。
この発展形が、今のVRと思われる。

 

今後、装着する機器も軽量化され、色々な事に活用される事を期待したい。

コメントはまだありません。

5月 11 2018

銀行の改革は?

投稿者:

今日(5/11)は、午前中は、昨日までの冷え込みが残っていたものの、朝から晴天で、午後からは気温も上がり、心地良い1日となった。
これからは、最高気温は20℃以上の日が続く予報となっていて、いよいよクールビズに合う日が続く様だ。

 

 

私がサラリーマンになった頃は、富士銀行、第一勧業銀行、三菱銀行、三井銀行、住友銀行、三和銀行、太陽神戸銀行、東京銀行・・・・と、都内の大きな駅には、ほとんどの銀行が店舗を構え、駅前は、銀行だらけだった。

それが、平成10年ごろに、一気に合併が進み、メガバンクと言われる大手都市銀行が誕生した。

 

最近では、行員の数を減少させるとの報道発表がなされていたが、今度は、ATMを共通にする。と。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180510-OYT1T50162.html?from=ycont_top_txt

これまで個別に開発、設置してきたATMを共通化することで開発や維持にかかるコストを抑える狙いがある。と。
更には、他の報道を見ると、ATMの管理や防犯費用等も削減できる。と。

 

これらの改革は、当然のこととして、0金利政策の為か、地方銀行、信金、信組等の銀行も厳しいと聞いている。
とは言っても、0金利政策は、過去甘い汁を吸っていた金融機関の甘い汁を止めただけで、自社での努力を促す事となっていると感じている。

 

人口減少の激しい地方では、信金、信組等は、なかなか厳しいのが現状ではないかと?

更なる銀行改革というか統廃合が進むのだろうか?

2 件のコメントがあります。

5月 08 2018

運賃無料“タクシー”?

投稿者:

今日(5/8)は、朝から曇りがちの天気で、北風が吹き、気温も15℃ぐらいで、少々寒い1日。

 

GWが終了後の初講義で、朝から出かけたが、クールビズが申し訳ないほどの気温。
しかも、夏物のスーツでは、肌寒い。
明日も、最高気温が15℃の予報で、寒そうです。

 

 

興味ある記事を見つけた。
2019年3月から、福岡市の天神近郊で、日本初の無料のタクシーのサービスを始める事が判った。と。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/180508/bsd1805080500008-n1.htm

当初の資金は、株式投資型クラウドファンディングサービスを通じ、目標額5000万円を調達する。

サービススタート後は、スマートフォンの専用アプリ(会員制となるイメージ)で配車を受ける。
乗車中は、配車を受けた際に、そのアプリの登録情報から、車内の広告ディスプレーには、利用者が関心を持っているファッションブランドやランチのおすすめなどが常時配信される。と。

つまり、タクシー利用料は、広告料として宣伝を配信した会社から受け取る仕組み。の様です。

 

更には、東京五輪が開催される2020年をめどに、東京など主要都市での展開を目指す。
その後、シンガポールなどの海外市場にも進出する計画。との事。

 

タクシーのお客が宣伝を見て購入している事の紐づけ方法がいまいち判らないが、大体のシステム概要は、理解できる。

ビジネスとして、成り立つでしょうかね?
タクシー利用者の多い一部の地域では、成り立つ気もするが・・・・・?

お店側が、どう判断するか?
例えば、デパートの店舗で販売する店が、スポンサーになる事は、厳しい気もするが、大手ネット通販企業が乗り出すと、その可能性は、大きいとも思うが・・・?

 

この様なサービスは、残念ながら都会の事となる気がする。
“田舎者のひがみ”ともなるが、やはりIT格差は、広がるばかりかな?

2 件のコメントがあります。

5月 06 2018

腫瘍マーカー検査

投稿者:

今日(5/6)は、予報通り朝から曇りがちでお昼ごろからパラパラしはじめ、本降りに。
この雨は、明日のお昼過ぎまで、降り続く見込み。

GWの帰省や観光帰りの方の足に影響が出なければ良いのですが・・・・。
昨日も、首都圏では、各高速の渋滞が大変だったようですね。

https://www.asahi.com/articles/ASL555R5ML55UTIL00V.html?iref=comtop_8_06

その昔は、この渋滞を覚悟して、出かけていた事が、懐かしい限りです。

昨日は、東北道上りで加須インターチェンジ(埼玉県)付近から39キロ、中央道上りで小仏トンネル(神奈川県など)付近から29キロ渋滞した。と。

 

この辺りの高速で比較してみると、江津ICと浜田道の旭ICの間が約32km。
普通だと、30分程度。
ここが、同様に渋滞したとすると、この区間を4,5時間かかって、通過するイメージ。

こんな渋滞の中、ゴルフに出かけていたと思うと・・・・・。
首都圏に、お住まいの方、ご苦労様です。
今日も、渋滞が予想されています。
注意して、お帰りください。

 

 

人間ドックの「腫瘍マーカー検査」は、採血だけでできるがん検診。
患者のがんの進行具合を把握するのにとても役立つが、健康な人が利用してもがんの早期発見はかなり難しく、専門家もマーカーの使い方には注意を呼びかけている。と。

https://mainichi.jp/articles/20180506/ddm/016/040/002000c

記事によると、「例えば、CEAは、肺や胃、大腸、膵(すい)臓(ぞう)などのがんに反応する。がんだけでなく、糖尿病や肝硬変、胃潰瘍など別の病気や、高齢や喫煙など病気以外の要因でも反応するケースがある。」との事で、適格性が低い様な事が書かれている。
しかし、その他の検査に於いても、100%的確に診断できる方法はなく、とりあえずの目安にはなると思えるのだが・・・・。

 

更には、「各個人が自分の腫瘍マーカーの値を把握し、そこから逸脱したら病気を疑うのが理想的だ。1回検査しただけで、正確な結果を期待するのは難しい」と指摘する先生もいる。

私は、人間ドックで、腫瘍マーカー「CEA・CA19-9」を、数年間受診している。
オプション価格3564円。
数年間のデーターは、保管してあるので、私の場合は効果があるのかな?

 

色々、問題はあるのかもしれないが、癌と言わず、何かの病気の予見になるのであれば、今年も、受診した方が良いと思うのだが・・・・。

コメントはまだありません。

次へ »