カテゴリの最新記事

カテゴリ:IoT・AI・科学

10月 19 2017

江津の医院が・・・。

投稿者:

今日(10/19)は、朝まで雨が残り、午後からも曇りがち。
気温は、18℃ぐらいで肌寒い1日でした。
東京は、11℃ぐらいと、12月中旬の気温だったとか、異常ですね。

 

昨日、近所の医院に定例の診察で出向いた際に先生から
「山藤さん、見てほしい物があるんですが、これどう思いますか?」と渡されたパンフレット。

パンフレットには「スマホ通院」とあり、受付からスマホで行い、状況によっては診察もWebカメラ等で実施、薬も配達するというもの。

「どの範囲の患者に適応するか、また患者側からどのようなデーターを提示させるのか等の検討も必要とは思うが、始めるべきと思います。
今は、対応できる高齢者は、少ないとは思うが、近い将来スマホを使いこなす高齢者は、増えるはずだし、更に患者側に取り付けられるセンサーも増えると思われ、有効だと思います。もし、導入されるのであれば、協力します。
この場合の診察料等について、国の対応は、どうなっているのか?が疑問ですが・・・。」

「ありがとうございます。あるメーカーからの提案があり、山藤さんに聞いてみようと思っていたんですよ。助かります。その時は、お願いします。」と。

先生は、40代程度の若い先生で、この様なシステムの取り組みには敏感。
田舎でも、この様なシステムが運用開始になる事は、大歓迎したい。

 

問題のある記事を見つけた。
中国電力で、原発対応技術社員の内、100名程度が、3.11後の原発停止後に入社した社員で、原発の運転されたところを見たことが無いと・・・。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000010-mai-soci

その訓練として、一部の社員を、三隅(浜田市)、水島(岡山県)、玉島(同)の3火力発電所にて、現場訓練等をする事にしたと・・・・。
原発に比較して、放射能等の危険区域は少ないが、プラントとしての仕様は、火力の方が最高圧力、温度共に、はるかに高く、十分な訓練になると考えられる。

30年後の原発廃止等を言っていながら、再稼働禁止と訴えている方もいるが、原発の運転レベルは熟練者が必要であったり、メーカー側の技術者も維持していくことが必要となる。
そのバランスを考えながら、廃止の方向のロードマップを作っていく必要があると考える。

 

楽天が、連勝し、対戦成績を2勝1敗にした。

http://www.asahi.com/articles/ASKBM42JVKBMTIPE00D.html?iref=comtop_8_07

辛島投手が、試合を作りました。
梨田先輩の采配がズバリ当たっています。

コメントはまだありません。

10月 17 2017

5万円台のVR

投稿者:

今日(10/17)は、曇りがちの天気。
日中は、少々気温が上がり、ポロシャツ1枚でも歩ける状態だったが、明け方は決行冷え込んだ様です。
「明日、ストーブ付けました。」なんて声も聞こえてきました。

 

富士通が家庭用のVRを5万円程度で、提供する。と。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171017-OYT1T50068.html?from=ytop_main2

仮想空間を感じるVRは、当面はゲーム等での活用だと思うが、将来はどう発展するのかな?

この世界の知識は、乏しいので、既に実現しているかもしれないが・・・。
ストリートビューの中にVRを使って、そこに立っている感じがあじわえる。
設計図面から、将来建築される我が家にいち早く立てる。
勿論、色々な仮想空間には、入っていけるとは思うが・・・。

今のところ我が家には、必要なさそうだが、近い将来必要になる事があるのでしょうか?
しかし、技術の進歩は凄い。

 

あらら、セリーグも下剋上になった見たいです。

http://www.asahi.com/articles/ASKBK4C95KBKPTQP007.html?iref=comtop_8_05

1回の能美の崩れを、早く挽回できなかったところで勝負ありと言うところでしょうか。

しかし、DeNAは、明日から広島に移動してのファイナルステージ。
少々、投手陣が厳しいかな?

阪神電鉄さんは、残念でした。

2 件のコメントがあります。

10月 05 2017

災害時の通信方法は?

投稿者:

今日(10/5)は、朝から薄曇りながら、明け方は結構な冷え込み。
日中は、日差しは無いものの、気温はそこそこ上昇し、心地よい1日。

 

そんな中、金城町に出向き、某企業(介護施設)にて、社員研修を行ってきた。
介護施設は、社会福祉法人であったり、NPOであったり、一般企業(株式会社や有限会社)であったりと、その内訳はやや複雑。
今回は、一般企業であったが、人材育成にまじめに取り組んでおられ、今日は5Sのリーダー研修の第1回目だったが、その他管理者研修等を頼まれている。
HP上で、紹介する旨の了解を頂くのを忘れた為、今日の所は某企業という事で・・・。

以前から、地場産業主催の5S研修で介護施設も行っている旨報告しているが、なかなか、その必要性が伝わっていないのが現状。

しかし、「厚生労働省・中央労働災害防止協会発行介護労働者の安全衛生チェックリスト」によると、下記画像にある様に、1行目が5Sの励行。


このチェックリストは、各施設に届いていないのだろうか?

今日の企業は、経営理念の中の実施項目の中に、5Sをうたっていて本気。

地域、トップの5S企業になっていただける様に、頑張ってもらいたいと思う。


写真は、私の自作の5Sキットを使っての実験の模様。

これから、5Sリーダーに実践してもらい、その報告をしてもらう事になる。

 

少々、気になるニュースがあった。
先日の、九州北部豪雨の時に、ツイッターでの「救助要請」が、ほとんど警察等に届いていなかったことが判明した。と。

http://www.asahi.com/articles/ASKB45TBXKB4TIPE027.html?iref=comtop_8_03

東北大震災以降、通信ラインの確保が大きな問題となっていて、色々な対策がなされてきている。
今回の九州北部豪雨時には、ツイッターが発信出来ている事から、通信ラインは確保されていたと思える。
しかし、届いてほしい、警察等に届かなかった事には、問題がある。

確かに、電話回線が不通となり、通信ラインのみで、警察、消防等に直接連絡する方法を知らない。
当然、アドレスも知らない。

ツイッター、FB等で、受けた方が、リツイート等の方法で拡散は出来るが、その為、一つの情報を複数飛び交う事となり、混乱する基ともなる。
110,119等と電話番号と、同等のメールアドレスが必要なのかも?

これを機会に、国が音頭を取って、この事を取り組んで欲しいと思う。

 

コメントはまだありません。

10月 04 2017

ロボットがデパートで・・・。

投稿者:

今日(10/4)は、少々風があったが、朝から晴天で、気持ちの良い1日。


写真は、いつもの江の川土手の朝10時頃。
雲一つない、秋晴れです。

 

今晩は、中秋の名月との事で、綺麗な月が出ています。


出たばかりだと、大きい月だったのでしょうが、22時前に自宅前から見た月です。

 
ロボットがデパートで販売する時代になった様です。

http://www.sankei.com/economy/news/170925/ecn1709250034-n1.html
今まで、世間の皆さんの目に触れていたのは、ソフトバンクの携帯電話売り場にいるペッパー君。
各社から販売されている掃除機程度でしょうか?

新宿高島屋で、ロボットの販売が始まった。との事で、これからはデパートで色々なロボットが見る事が出来、気に入れば購入もできる事になる。
いよいよ、身近な存在になって来た感じがする。

 

高島屋は、今後大阪でも同様の売り場を作ると・・・。
今までは、その技術を活用した物が田舎に届くまでには相当な時間が掛かる事が当たり前であったが、ロボットに関しては、早く届いてほしいものと思う。

4 件のコメントがあります。

9月 15 2017

「性器の大発見」イグ・ノーベル

投稿者:

今日(9/15)は、朝から曇りがちで、多少日差しはあるものの、不安定な天気。
台風の進路が益々、北西方向に変わり島根に近づいてくる感じ?
今日は台風に備えて、先日の強い雨の時に、少々溢れた樋があって、そのゴミ掃除をしました。

 

昨日、O157の件について、調理用手袋等の扱いの躾が出来ていないのではないか?と指摘したが、今日の新聞社のHP記事に、同様の苦情があった旨の報道があった。

http://www.sankei.com/life/news/170915/lif1709150004-n1.html

手袋のまま、レジ作業をしているというもの・・・。
やっぱり。
管理が出来ていない事と、躾が問題ではないかと・・・。

 

今日の、ブログ題目は、下ネタではありませんので・・・。
今年も、イグ・ノーベル賞の発表があり、日本人が11年連続の受賞となった。と。

http://www.sankei.com/life/news/170915/lif1709150011-n1.html

素晴らしい事ではあるが、今年の受賞は、いたってまじめな発見で、イグ・ノーベル賞と言えないような気もするが・・・・。

その発見は、昆虫の中に、雌が細長い交尾器を持ち、交尾器の中にある管を通して、雄から精子と栄養を受け取るという。もの。

一般的な交尾と逆の状態。

昆虫の中には、交尾の後、雄を食べる雌も物もいます。代表的なのはカマキリ。
将来は、人類もこうなるのでしょうか?

コメントはまだありません。

9月 12 2017

腰ベルトが定期購入品?

投稿者:

今日(9/12)は、午前中は、昨晩の雨が残ったが、午後からは一気に回復し、強い日差しが出てきた。
昨晩は、22時頃1時間に27mm程度の強い雨。
その雨が、弱くなった頃に、何故だか「大雨警報発令」。
大雨警報が出てからは、小雨。

 

今日は、9時過ぎから某企業の研修の件で、2,3件の電話連絡。
そんな事をしていたら、宅急便が届いた。
開封すると、以前取り寄せた”腰ベルト(コルセット)”
「2個目は、注文していないけどな?」
何かの間違いなのか、それとも無意識に注文ボタンをクリックしたのか?

確認の為に、アマゾンのサービスセンターに問い合わせを行うと・・・。
「定期購入になっています。」と。
「???」
定期購入の事は、理解できるが、腰ベルトが定期購入品とは何事?
とりあえず、定期購入をキャンセルしてもらい、今回に限り返品を受け付けてくれるとの事で、すぐに処置。

しかし、定期購入の注文した事に記憶が無く、どんな感じで定期購入のボタンが出てくるのか、再現試験をしてみたが、その意識が無い物にとっては、複雑で、かつそのボタンは、一般購入とは異なっていて、明らかにクリックする前に一度手が止まると思える物。
そんな、複雑な購入をしたかな?
その記憶が無くなっているとなると、少々問題?
そろそろ、記憶が危なくなったか?システム側のミスと考えたいのだが、その可能性は低いかな?

その前に、腰ベルトが、定期購入品となっている事が問題だと思うのだけど・・・・。

 

そんなこんなをバタバタ片付け、10時30分頃出雲に向かって出発。
某企業での9月分の研修。この研修は来月が最後。
17時に終了し、帰路に。
数か月前から、気になっていたところで車を止めて写真を。


道の駅「きらら多岐」の近所の海岸線、高さ20m程度の風力発電が10本ほどが、あっという間に出来ていたのだ。
(記憶だと、3月通った時は無かったが、5月に通った時は出来上がっていた。)
タワー(ポール)の材質が、なんとも軽そうな材質。

発電機の部分に「C&F」と書いてあり、調べてみると

https://www.power-generator.jp/product/cf_wind_power/cf20.html

アイルランドC&F Green Energy Ltd. の日本支社として、日本での販売を行っているらしい。
仕様は、上記HP。

出力19.5kw(都野津の高屋の山の風力は、2000kw)
タワーは、可倒式構造であるため、設置・メンテナンス費を抑えられるだけでなく、台風などの風害対策も可能。

この程度の小出力の風力発電所が、採算がとれるのか?
この様な、発電システムだと、新聞記事になっても良い様な気がするのだが、見逃したのだろうか?
廻りには、発電所名等の看板は、見当たらず、利用目的等は判らない。

 

以前から、風力発電は、質の悪い電気で、増えすぎる事は、問題とは書いているが、電力会社への売電では無く、自家発電として扱うのであれば、何ら問題はない。
しかし、一つ問題があるとすれば、景色の良い海岸線での設置。何か制限は無いのだろうか?

コメントはまだありません。

9月 11 2017

小田急での火災

投稿者:

今日(9/11)は、朝から曇りがちで午後からはパラパラしはじめ、その後本降りに。
秋雨前線による雨の様です。

 

昨日、夕方小田急線沿線の火事が、小田急線に燃え移るという事故が発生した。

昨日は、詳細が不明で、アップする事が出来なかったが、今朝のモーニングショーを見ていると、なんともイレギュラーの事故だった様です。

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/odakyu2?utm_term=.rt755ONOk#.lao227x7L

上記、記事によると、
「現場近くにある踏切の非常停止ボタンを最寄りの警察の方が押した結果、自動的に列車ブレーキがかかり、火災現場の前に停止してしまった」との事。

おそらく、警察は、まずは電車を止めなければと、たまたま近所にあった踏切の非常停止を押したという事の様だが、踏切に設置されている非常停止ボタンは、当然踏切事故の為に用意されたもので、近隣の火災に使用されるとは、予想されていなかったと考えられる。

踏切に設置されている非常停止ボタンは、運転手が、その踏切で安全確認し解除しなければ電車は動かせない仕組みとなっていて、たまたま火災の目の前で止まった電車をすぐに動かすことが出来ずに、燃え移った様だ。

詳細の操作は、下記。
午後4時09分:火災を認めた警察官が踏切の非常停止ボタンを押す
午後4時11分:列車が自動停止、運転士が踏切の安全確認に向かう
午後4時19分:列車を移動させようとしたが、屋根への類焼を認め、消防の指示でただちに停止
午後4時22分:避難誘導を開始する
午後4時42分:避難が完了する

運転士の行動は、マニュアル通りに対応され、ケガ人が出なかった事は、良かったと思う。

 

この事象を、どうとらえるか?難しいですね。
警察官の初動は、間違っているとは言えないし、一般の方が、その操作を行った可能性もある。
停止した電車を再度動かすためには、現場(踏切)での安全確認をする事も当たり前と思われる。

在京中に、「火災の為電車が運休した。」等のニュースは、何度か聞いている。
今回の様に、電車の燃え移った事は、初めてではないかと思うが、”イレギュラーの事故”で済ませていいのでしょうか?
都会では、電車が各家庭の軒先を通過している場所は、多数あり今回の様な事が発生する可能性は大いにある。

警察とか通行人等が非常停止ボタンを押され、それにより発生した事象を回避する方法を検討しておいた方が良いのかもしれない。
例えば、非常停止ボタンを押された際には、すぐに映像確認が、運転手、運行コントール室等で確認でき、回避できるようにしておく等。
どこまで、リスクを想定しておくかは、難しいとは思うが、今回の事象は反映しておいた方が良い気がする。

 

昨日、書き忘れをもう一つ。
巨人がいよいよAクラス入りまで厘差となりました。
最大11あった負け越しが、勝ち越し3まで戻した。拍手。
あの大連敗は、何だったのでしょうか?

コメントはまだありません。

9月 07 2017

40年前に有ったら・・・。

投稿者:

今日(9/7)は、朝7時から8時頃、相当強い雨。
それから夕方まで、1日中降り続いた。トータル50mm程度の雨量の様です。

ここは、江の川があり、生活用水が枯渇する事は無いが、畑等をされている方は、雨不足で、色々とご苦労されていた様だが、一気に畑の野菜も生き返ったのではないかと思います。

 

青森県の弘前大学と東北電力は、津軽弁などを人工知能(AI)で標準語の文書に自動で変換する共同研究を始めた。と。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170907-OYT1T50000.html?from=ytop_ylist

今は、スマホアプリでも、外国語の音声認識による翻訳が出来るシステムが出ている。

まさか、方言の翻訳システムが出てくるとは・・・・。

 

このシステムが40年前に 有ったら・・・・。と思う。
と言うのは、初めて東京で生活を始めた時のアパートの隣人が、時々コメントをくれる”東京の隣人”君。
彼は、青森出身で、その仲間が出入りしていて、その中に入れてもらった時に、その会話に入っていけなかったことを記憶している。
「******、なぁー山藤君」
と同意を求められても、意味が判らず、怪しい笑いを返すのみだった。

記事の題目にある「まいね」は、私が初めて覚えた津軽弁だった。
その仲間の妹(当時、青森の小学生)が、私の為にノートの切れ端に、津軽弁と標準語の単語帳を作って、プレゼントしてくれた。
そんな事もあり、次の年の”ねぶた祭り”に行った際には、地元の方の会話程度は、聞き取れるぐらいにはなっていた。
とても、しゃべる事は出来なかったが・・・。

当時、アナウンサーの”いなかっぺい”さんが出した津軽弁のレコードは、青森の連中と一緒に笑った事を覚えている。

 

津軽弁と接する事が無い方には、御理解いただけないかもしれないが、「何か国語しゃべる事が出来ますか?」
との問いには、「英語、津軽弁」と、1か国語と言っても良いのではないかと、思えるほど。

当時、このシステムが有ったら、もっと楽に会話出来たのに・・・・。

コメントはまだありません。

9月 06 2017

AI専門の法律家育成

投稿者:

今日(9/6)は、朝から曇りがちで、時々パラパラ。
夕方からは、時折、激しい雨の時間帯も・・・。
気温は、あがらないものの、蒸し暑い。

 

 

東京弁護士会が、人工知能(AI)や宇宙の分野で活躍する法律の専門家を育てようと、部会を設置した。と。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090600723&g=soc

素晴らしい取り組みと感じる。

携帯電話の進歩等による犯罪で、法整備が後付けになっていたものがいくつかあったと記憶している。

今後更に、AI、IoT、宇宙分野等で法整備が追い付いていけない事が出ると予想される。
反面、法的なサポートを担う専門家の育成は後手に回っているとの事。
更には、法整備を提言する事も必要と思われる。

 

とは言っても、この切っ掛けは、優秀な人材が集まらなくなる「法曹離れ」に危機感を持ってことの様だ。

 

切っ掛けは何にしろ、技術の進歩に伴う、法整備は必要と思われ、弁護士側だけでなく、法整備を行う行政側も含めて、遅れないように法整備してほしい物である。

コメントはまだありません。

9月 05 2017

スーパーのIoTシステム

投稿者:

今日(9/5)は、朝から曇りがち。
午後から雨の予報でしたが、何とかもって曇りの1日。

 

今日も、島根の話題。
新たなIoTシステムが導入されました。
県西部を中心にスーパーを展開するキヌヤが、電子データ化されたレシートをスマートフォンで確認できるシステムを全21店舗に導入した。と。

http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20170902-OYTNT50083.html?from=ycont_top_txt

開発したのが、古巣の関連会社の東芝テック。
そのHPを見てみると、下記にて詳細説明が。

https://www.toshibatec.co.jp/products/smartreceipt.html

お客のメールアドレス、会員登録での会員サービスは、従来からあったが、このシステムは、レシート情報も見る事出来る様にしたもの。
これは、初めてかな?(東芝テックの特許かな?)
会計簿状態に加工できるかは不明ではあるが、家計簿も簡単に作れるようになる事は出来る。(私は、家計簿なるものを使った事が無く、大変さを判っていない気もするが・・。)

 

技術的な事はともかく、この様なシステムが身近になる事は歓迎。
私は、あまりキヌヤでは、買い物に無いが、1度試して見るか?

その他、他のスーパーでは、お客が自分でレジ処理をするシステムを導入している所もあり、スーパーからIoT化が進んでいくのかも?

 

2020年から始まるプログラミング教育においても、身近に少しはIoTシステムが在った方が、良いと思われる。
更なる、IoTシステムが導入される事を期待したい。

 

私が、Uターンした2006年は、ITシステムは、ほぼ無かった。
今回の様なシステム概要を説明する講義をした事もあったが、まだまだ遅れてはいる。
他の業界も導入に向けた検討してほしいと思う。

コメントはまだありません。

次へ »