カテゴリの最新記事

カテゴリ:江津市・ 江津町内

1月 16 2018

また大阪大学で・・・。

投稿者:

今日(1/16)は、午前中日差しもあり、気温も17℃ぐらいまで上昇した様です。
先週の、冷え込みの次は、春の様な暖かさとなると、体が付いて行かない。
このまま、冬が終わっても良いのだが、来週再び寒波が来ると・・・・。

 

 

またまた、大阪大学で・・・・。
センター試験の試験官をしていた教授が、居眠りをし、更にいびきをかいていた。と。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180115-OYT1T50123.html?from=ytop_ylist

その試験官の傍にいた、受験生は、当然気になって試験に集中出来なかったはず。

昨年の大阪大の物理の採点ミスと言うか、問題ミスで、追加合格を発表したばっかり。
1年後に「合格」と言われても、どう責任を取るのかね。
金銭的な補償等は、表明しているが、それだけで良いのだろうか?

しかし、何故同じ所で、不祥事は、続くのか?
何故、続くかは別として、「今、何をすべきか?」責任概念が無さ過ぎる。

 

 

大学の先生で、「学生を育てる。」事に興味がなく、自分の持論だけを永遠と述べる先生も、居た気がする。
この様な先生と、今回の「入試対応教授」と「いびき教授」が、同じかどうかは定かではないが・・・。

 

今、大学は、少子化で、子供の確保合戦を行っているが、「将来を見据えた、学生を育てる事」を優先に取り組んでほしいと思う。

4 件のコメントがあります。

1月 15 2018

五輪でAI進歩

投稿者:

今日(1/15)は、朝から日差しが出て、気温も上昇。

午後から、金城町に出向いたが、なんとまだ周りの畑は、真っ白。
大和ラヂヱーターさんの事務所に、大ツツラ。

久しぶりに、こんなツララを見たような・・・。

金城辺りは、大雪だった様です。

 

 

東京オリンピック大会関係者からは「五輪をロボットのショーケースにしたい」との声も上がっている。と。

https://www.asahi.com/articles/ASL124Q84L12UTIL003.html?iref=comtop_list_sci_n01

最近、各地で色々な実証試験がスタートしている。と。
都は、多言語で観光案内するロボットを都庁舎や展望室に置き、実証実験を実施。
都立産業技術研究センターも、観光や介護の分野などでロボット実用化を目指す中小企業を支援する制度を始めた。
羽田空港では、翻訳機能を持つ案内ロボットやセンサーで不審者を見つける警備ロボットなどの実験が始まっている。
運転席にドライバーが乗らずに走る自動運転車の実証実験も各地で進む。

更に、大会でAIでの審査を行う事も検討されているらしい。

 

AIとIoTがもたらす改革を「第四次産業革命」と言うらしいが、東京オリンピックで一気に加速したと言える事が望ましいと思える。
地方に居ると、AI、IoTの変化に着いていけない部分が多い。
人が、多く都市部に集まるこの機会に、AI、IoTが多くの方々に感じてもらえることは、非常に重要な事と思う。

2020年を境に、「着いていけない人」にならない様に、頑張って着いて行かないと・・・。

6 件のコメントがあります。

1月 14 2018

JRの対応・・・。

投稿者:

今日(1/14)は、寒さもひと段落。
朝方は、日差しもあり、気温も8℃ぐらいまで上昇した様です。
明日からは、1週間は10℃以上になる日もある様で、比較的穏やかな日が続きそうです。

大雪に遭われた地域では、この暖かさで雪崩等の被害が出ない事をお祈りします。

 

 

東海道・山陽新幹線「のぞみ」の台車に亀裂が生じたまま運転が続けられた問題で、JR西日本の現役社員が「運行時間や車両数に余裕が少ないことが背景にある」と証言した。と。

https://mainichi.jp/articles/20180111/k00/00m/040/145000c

この亀裂事故は、過去に発生していない事故であり、途中での簡易点検では、見つけにくかったかとは思う。
しかし、これは福知山線の事故時の時間厳守が優先しているとしたら、そこが1番問題とも思われる。

 

先日のJR信越線の列車に雪の為に、乗客約430人が一夜を明かすことになったの事故でも、判断は、難しい所だと思う。
しかし、何かしら、”JR”の信頼を得る方法が、まず”JRに傷がつかない”事が優先な様な気がする。

立ったままで15時間、トイレも大行列、食事、飲み物の支給も手配が遅い等、乗客の事を1番に考えているとは言い難い。

 

それぞれのトラブルで、ここで取り上げる予定は、無かったが、昨年台風で、京都で足止めされた際のJRの対応を考えても、今回の2件を考えても、「お客の求める対応」のケーススタディーがされていない気がする。
社員教育の位置づけが、間違っていると感じる。

コメントはまだありません。

1月 12 2018

三隅2号 再アセス

投稿者:

今日(1/12)は、昨日の雪の影響か、一日中寒い1日。

朝一番の、家の前は、凍結状態。

お昼頃、日差しも出て、やっと少し溶けだした。

 

 

午後からも、時折白いものがパラパラ。
1日中、気温が低かった様で、屋根から雪が落ちずに、凍り付いた状態。

明日、明後日は、センター試験との事で、朝の混乱が無い事を祈りたい。

 

 

今日の朝刊トップに気になる記事。
「三隅火電・2号機新設アセス」と。

三隅火力2号機は、1度は、環境アセスを終了しているが、出力が100万kwに変更になった事で、再度実施する事になった模様。

三隅火力2号機は、島根原子力発電所3号機や、山口県上関町にある上関原子力発電所1、2号機の建設・運転を優先させ、営業開始予定日が数度変更されていたが、3.11の影響で、三隅火力2号機を早期に建設する事になったもの。
その際、出力も大きくなったと記憶している。

三隅火力は、1号機(100万kw運転中)、2号機共に、CO2の排出量が最も多い石炭火力。

記事上
環境相意見は、「中国電が所有する低効率の火力発電の休廃止や稼働抑制などが不可欠だ」と強調。
十分な排出削減策を示せない場合は「事業の再検討を含め、あらゆる選択肢を検討する事が重要だ。」としている。

 

火力発電所で、最もCO2が出ないのは、LNG火力。
更に、LNG火力は、昼夜の需要量のバランスを取る為に、発電を開始したり、止めたりするのに適している。
残念ながら、山陰側には、LNG基地は無い。

更に、記事上には
CO2削減対策として、石炭とバイオマス燃料を混ぜた発電を検討している。としている。
しかし、その為に、ボイラ温度が下がり、発電量の低下が考えられる。

厳しい、対策が迫られた感じた。

 

島根県、浜田市としては、運転開始後の様々な税金収入を考えると、是非にでも早期運転開始を求めたいところ。

少なくとも、建設延期とか中止とならない様に、最善策を検討してほしいと思う。

コメントはまだありません。

1月 11 2018

箱根小涌園営業終了 

投稿者:

今日(1/11)も、寒い1日。最高気温も2℃程度。

 

昨晩は、大雪警報が出たものの、一時みぞれは降ったが、積雪とまでは至らず。
山間部においては、結構な雪になった様です。
桜江町、風の国近郊 20cm程度。
浜田市、広島との県境 スキー場近郊 80cm程度。

しかし、今日の午後からは、この辺りでも雪が降り出し、一気に真っ白。

自宅前。

自宅中庭の椿にも積雪。

江川の土手から、渡津側をみた風景。

星高山の星マークの積雪。

天気予報では、明日まで雪マークが並んでいる。
これ以上降ると、雪掻きが必要になるので、もう降りませんように・・・・。

夕方には、路面が凍り付いて、車が通ると「シャリシャリ」言っている。
明日の朝は、路面凍結が心配です。

 

 

半世紀余りにわたって箱根観光の屋台骨となってきた「箱根ホテル小涌園」(神奈川県箱根町)が、その歴史に幕を下ろした。と。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180110-OYT1T50160.html?from=ytop_main5

箱根駅伝を見ていると、必ず出てくる「小涌園」の単語。

いつ頃だったか、箱根小涌園前の三叉路を通過した時は、「ここか・・・。」と思った記憶が・・・。

古巣の会社は、藤田観光(小涌園、ワシントンホテル等)との提携があり、利用する事も多かった。
一番記憶に残っているのが、小涌園の横にあったリゾートマンション的な施設。
(ベットルームが2部屋(1部屋 2ベット)と、20帖ぐらいの共用スペースがあり、小涌園の大浴場、レストランも利用可)
小涌園は、とてつもなく広く、大浴場に行くのにも、迷子になった様な?
その時は、大体ゴルフ+麻雀旅行だったので、若手もおりケチケチ旅行。
豪勢な施設だったが、とんでもなく格安だったはず。
お世話になりました。

その他、箱根には保養所もあり、サラリーマン時代には、数えきれないぐらい訪問している懐かしい場所。
小涌園は、新たな施設に変わるとの事。
Uターン後は、1度も訪れていない。
1度ぐらいは、行ってみたいと思う。

6 件のコメントがあります。

1月 10 2018

大鵬の孫が初場所デビュー

投稿者:

今日(1/10)は、朝からパラパラ。
午後からは、白いものが混じるみぞれ。
気温も、ぐんぐん下がり、夕方には2℃程度。雷も・・・。

午前中には、大雪警報が発令。
以下、ごうつ防災メール
「2018年01月10日10時55分 発表
大雪警報が発表されました。
【江津市】
大雪警報
風雪注意報
雷注意報
波浪注意報
着雪注意報
【雪】
警戒期間: 10日夕方から11日明け方まで
注意期間: 11日昼前まで
山沿い
12時間最大降雪量35センチ
降雪による交通障害に注意
以下省略」

警報内容が、「山沿い」となっていて、我が家近郊は、大丈夫と思っているが・・・・。
今晩が、山の様です。
全国的に、冷え込んでいて、先ほどのTVニュースでは、福岡市内でも雪が降っていると・・・。
積もりませんように・・・・・。

 

 

大鵬の孫が、初場所にデビューする。と。

http://www.sankei.com/sports/news/180110/spo1801100021-n1.html

188センチ、166キロの立派な体格で、高校相撲で活躍し、昨年の国体少年で個人、団体の2冠を達成しているとの事。

彼は、大鵬の三女と貴闘力の子供。
期待できる逸材。
「大鵬の孫」と報道が過熱する事が予想されるが、プレッシャーに負けずに、大活躍してほしいと思う。

コメントはまだありません。

1月 09 2018

ライバルの飲料に薬物

投稿者:

今日(1/9)は、午前中は、冷たい雨が降り、風も強く荒れた天候。

 

年明け初の講義をする為に、金城へ。
金城は、浜田市の市街地から約10kmほど山間部に入った所で、雪も積もる地域。
5,6年前から、月に2,3度出かけている。
冬場、屋根に雪が積もる風景は、何度も見ているが、雪道を走った事は、1度も無く、運の強さを発揮している。
今日も、薄っすら屋根に雪は有ったものの、車道には雪は無し。

冬に、金城に行く際は、スコップを積んでいく事にしているが、今年も出番が来ませんように・・・・。

 

スポーツ界にとんでもない事件が発生した。

カヌー・スプリントの日本選手権で、ドーピング検査で、他の選手によって飲料に禁止薬物を混ぜられた選手が陽性反応を示していたことを明らかにした。と。

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20180109-OYT1T50054.html?from=ytop_ylist

今年度日本代表の両選手は昨年の世界選手権に出場し、2020年東京五輪の代表入りを争うライバル。
禁止薬物を混ぜた選手は、自身の東京五輪代表選出の可能性が高まると考え犯行に及んだとの事。
なんとも、幼稚な考え方。

 

TVニュースでは、ある選手が海外では、有りうる事件で、「飲み物を置いたまま、席を外すことは出来ない。」と発言していた。
少なくとも、国内では、一流選手が、こんな事件にあう事を心配しなくても、安心して飲食が出来る環境で無ければならない。

 

「教育だ。」と言うのは容易い事だが、どうすれば良いのでしょうかね?
国内では、他者からの薬物混入でドーピング違反が発生したのは初めてとの事だが、二度と発生してはならない。
東京オリンピック出場を望んでいる選手が、安心して競技に取り組んで貰えることを願いたい。

2 件のコメントがあります。

1月 08 2018

第2恐竜博物館

投稿者:

今日(1/8)は、朝からパラパラする鬱陶しい天気。
しかし、気温は、10℃を超え温かい。

今週は、雨や雪の日が多い予報で、荒れた天候の日が続きそう。

 

 

福井県勝山市にある恐竜博物館に、「第2恐竜博物館」の建設計画があり、「造るとなれば(福井)経済界も50億円ぐらい出す」と福井商工会議所の会頭が明らかにした。と。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180106-OYT1T50025.html?from=ytop_main8

当博物館は、県立の施設で、入館者数が100万人/年にもなる人気スポット。
しかし、一時期は、20万人/年程度に、落ち込んだ時期もあり、皆さんの努力で、どんどん入館者数が増加しているとの事。

昨年、6回ほど、この勝山市を訪問したが、残念ながら恐竜博物館に、行く事は出来なかった。
6回目に、訪問予定にしていたが、台風の影響で、スケジュール変更が余儀なくされ、敵わなかった。
今の所、今年も勝山市への訪問予定があり、何とか恐竜博物館へも行ってみたいと思う。

 

その恐竜博物館で、「第2恐竜博物館」の建設計画に対して、経済界が、50億円程度の出資をする準備があるとは、凄い。
県立の設備に、地元経済界が協力する事は、多いのだろうか?
それだけ、地元への経済効果が大きいという事なのだろうか?

 

H28年度の島根県の主な施設の観光客数
出雲大社   600万人
足立美術館  63万人
松江城     52万人
アクアス    36万人
石見銀山    31万人
サヒメル     12万人
ゴビウス     11万人

出雲大社は、別格としても、10万人以上の集客がある施設が、6か所もある、まだまだ増やす術は、有るのではないかと・・・・?
経済界からも、応援してもらえる物に変貌する事を期待したい。

7 件のコメントがあります。

1月 07 2018

自治会の新年会

投稿者:

今日(1/7)は、朝から日差しのある時間帯もある安定した天気。

 

夕方から、本町第三自治会新年会が、集会所で開催された。

益田会長の新年の挨拶及び乾杯の音頭にて開始。

 

 

最近、新年会恒例の、綺麗どこの大正琴演奏で、皆で合唱。

 

今年は、残念ながら出席者の減少となった。
当初の出席予定は、昨年同等の数だったが、お子さんがインフルエンザになったご家族や野暮用が急に入った方等がおられ、出席は21名。

 

今日は、日中江津市の出初式があった様で、その関係者が欠席となった。
来年は、日程確認を行って、調整しなければと思う。

今年も、町内の皆様が元気に、ご活躍される事を期待したいと思います。

コメントはまだありません。

1月 06 2018

星野仙一氏 逝く

投稿者:

今日(1/6)は、予報では晴れだったが、どちらかというと曇りがちで時々日差し。

 

朝、目覚めTVを付けると「楽天 星野仙一副会長 死去」とのニュース。

https://www.asahi.com/articles/AS99Y0DM099XUTQP03K.html?iref=comtop_8_03

70歳。
死因は、すい臓がんだったと。

 

子供の頃の野球中継は、巨人戦のみ。
父親が巨人ファンだった事の影響を受けて、当然の様に巨人ファンに。

当時の巨人は、V9真っただ中。
その巨人に、真向挑んできたのが、中日星野、大洋平松、広島安仁屋、ヤクルト松岡、阪神江夏・・・・。

特に、星野仙一選手の闘志むき出しは、記憶に残っている。
更に、中日、阪神の監督時代も、打倒巨人は変わらず・・・。

その頃が、最もプロ野球が人気のあった時代。
感動を与える選手が多かった気がする。

星野仙一氏のご冥福をお祈りします。

 

すい臓がんで、命を落とす方が、続いている。
まだまだ、発見しずらい癌で、完治が難しいらしい。
以前発表された、「血液1滴で、13種類のがん発見」の早期実用を望みたい。
更に、抗がん剤の適応AIも、更に開発が進む事を期待したい。

2 件のコメントがあります。

次へ »