カテゴリの最新記事

カテゴリ:店主のまわり

5月 18 2019

「終身雇用」の終焉?

投稿者:

今日(5/18)は、朝からパラパラする時間帯もあり、風も強く、昨日とは変わり、少々肌寒い感じ。



「働き方改革」という単語が出てから、暫らく経過したが、その影響か、色々な動きや、色々な声が出てきている感じがする。


まずは、セブンイレブンで、販売期限の迫った弁当やおにぎりの実質的な値引きを始める。と。

新聞記事

セブンイレブンにおいては、数か月前に24時間営業の件で、フランチャイズ店のオーナーとの間で、揉めたことに端を発し、今度は、販売期限が迫った食品の対応方法においても、フランチャイズ店に、1歩譲った感じとなった。

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」では30年までに食料ロスを半減させる目標に対して、施策を講じたとは、言い難い様な感じではあるが、改善され始めたことは、良い事と感じる。


先日、この地域のセブンイレブンのフランチャイズ店のあるオーナーと話す機会があった。
まずは、アルバイトがなかなか見つからないのが、一番の問題だと・・・。
これは、24時間営業が問題となった件と同類かな?
次に、なかなか利益が上がらないと・・・。
これは、上記記事の販売期限の迫った食品の対処方法にも関係する様です。



次に、トヨタの社長の発言が、議論を呼んでいる様です。
「終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきた」「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」と。

記事

20~30代で「終身雇用」「年功賃金」を支持する割合が2007年頃から急激に伸びているらしい。
この事は、経済状況と逆相関になる事が昔から言われており、不況傾向になるとやはり終身雇用を求める方が多い様です。
政府が、先月までは、景気は上向きといっていて、この傾向は、少々おかしい気もするが・・・。

最近の若者は、組織内での上昇志向が無く、課長昇進等を断る方も多くなっていると聞く。
裏を返せば、「上司から指示された事を、可も無く不可も無く程度の仕事をしておけば、年功賃金で、そこそこの給与は、貰える。」という事となる。
企業においては、極端な事を書けば、新人でも定年退職前の方で、アウトプット量が同じであれば、新人の方が給与が安いので、そちらが良いとなる。

新人の時は、張り切っていても、年々歳を重ねると、少々残念な社員に変貌される方もいる様で、どんな企業、官庁系でもそのような方はおられる様です。
とは言っても、そんな方も「年功賃金」となると、雇用側はたまったものでは無いとなる。


最近話題の「働き方改革」の報道をまともに聞いている方は、会社に賃上げだけを要求する社員となってしまう可能性も出てくる。


更には、働く高齢者の労働災害(労災)が増えている。と。
2018年に労災に遭った60歳以上の働き手は前年よりも10・7%増え、労災全体の4分の1を占めた。と。

新聞記事

こうなると、高齢者を雇う事がいかがなものかともなる可能性が出てくる。

トヨタレベルだと、高齢者は工程管理等の業務や、安全担当等の事務業務に移動も可能かとは思うが、中小企業だとなかなかそうもいかないのかな?



色々な職種があり、全てがトヨタの社長の発言に合致するわけでは無いと思われるが、社員が一丸となりイノベーションを起こし、変化の激しい時代を乗り切らないと、会社の存続が厳しいくなる事となる。
会社が、倒産した時は、「終身雇用」「年功賃金」だと言ってはいられない事となる。

勿論、その為に、企業は、社員に対して、専門研修や一般研修の機会を十分に与えなければならないと思うが・・・・。

コメントはまだありません。

5月 17 2019

えっ、今更・・・・。

投稿者:

今日(5/17)も、朝から晴天で、風がほとんど無かった為か、30℃を超え真夏日になった様です。
とうとう、真夏日が到来です。
熱中症に注意しないと・・・・。



春の交通安全週間の行事 その3
今日は、「シートベルト・チャイルドシート着用啓発の日」として、朝7時30分から8時まで、国道9号線バイパスの二段橋の下の一般道路のT字路にて実施。

シートベルトをしていない方は、最近ではいない様です。
しかし、橋を渡ってくると、川に沿っている道路が見えずらく、要注意場所と認識しているが、少々無謀なハンドルさばきをされる方もいました。
たまたまかもしれませんが、女性の方が多かった気がします。


その後、午前中には、浜田市に出向いて税務署へ・・・。
以前、報告した通り、今年度の5Sリーダー研修は、花田屋主催となり、他の講師の方に講師料をお支払いする事となり、その源泉徴収の対応する必要があり、その領収済通知書を作成してもらう為に出向いた。ついでに、色々ご教示を受けた。

午後からは、市役所に同行し、市内の企業訪問。
夕方からは、社会福祉協議会の総会に自治会長として出席。

なんだかんだと、忙し1日でした。



「出雲空港の国際定期便の誘致に本腰」との記事が、今朝の山陰中央新報に。

今更・・・・・。と少々あきれた。

以前、東京都知事の海外出張回数やその経費が問題になった事があり、その頃に、各都道府県の知事がどのくらい海外出張行っているかのデーターが出たことがあり、何と島根県知事は、3年間で2回。

記事

それに反し、お隣の鳥取県知事は、32回。
鳥取県では、2001年から活動し、ソウル便等が就航しているらしい。
これが、海外出張の回数の差とは言わないが・・・・。

こうなると鳥取と比較しても約20年遅れている事となる。

今更、言っても仕方ないので、頑張っていただく事として・・・。
江津市にも、生産系企業等に、海外の方の就労が増えている。更に外国人観光客が増えるとなると・・・・。
「英会話を鍛えないと・・。」と言いたいところだが、ボディーランゲージを鍛えておかないと・・・。

コメントはまだありません。

5月 15 2019

せがれ塾 発会式

投稿者:

今日(5/15)は、朝から晴天で、気温も25℃ぐらいまで上昇した様です。
これからは、暑さとの戦いになりそうです。




日本海信用金庫せがれ塾第9期生発会式が、日本海信金本店であり出向いた。

せがれ塾は、何度が紹介しているが、地元企業の社長の息子、将来の幹部及び日本海信金の社員を含めたセミナー。
今期は、地元企業の将来の社長とか経営幹部の方19名、日本海信金社員3名の合計22名にて2年間色々な事を学ぶ。
過去、最高の受講生数。

発会式終了後、元法政大学院教授で中企業学がご専門だった、現浜田市長のご講演があった。


発会式終了後の懇親会での自己紹介の一コマ。


今期も、講師のご依頼を頂き、講師としての紹介を受けた。
私の出番は、年明けぐらいからかな?

今期も、社員のモチベーションアップとか問題解決についての講義を行う予定。

6 件のコメントがあります。

5月 14 2019

コミュニティーナース

投稿者:

今日(5/14)は、午前中、久しぶりに雨がパラパラ。
お昼過ぎには、その雨も上がり、日差しが出る時間帯も。
気温は、16時頃25℃を超えた様で、初の夏日。



昨日に続いて、春の全国交通安全運動のイベント。
郷田小学校通学路「スピードダウン」作戦です。

朝、7時20分から、本町の東向寺前で、警察の方が車を止め、郷田小学校の子ども達が、交通安全に対するメッセージを書いたものをドライバーに渡しました。
ちょうど小降りとなりました。






数日前に、松江市立病院が厚生労働省の「高度型」の指定を中国地区で唯一受けた。
将来の5Gでの遠隔治療も考えると、医療の地域格差が縮小したか?と書いた様に、医療の問題は、数々あると認識している。


今日の山陰中央新報に、江津市で「コミュティーナース」が着任した。との記事。

記事上では、「住民の健康意識を高め、病気の早期発見、医療・福祉施設との橋渡し役を担う。」と。

この記事を、このHPで紹介する旨の了解を本人に頂いたが、若いお嬢様ですので、記事上の氏名は黒塗りとしました。Hさんと紹介します。

Hさんとは、たまたま紹介して頂き、少しお話しさせていただいた事がある。
聡明で活発なお嬢様。
それまで、「コミュニティーナース」という単語すら知らなかった。


幸せな事に、血圧の薬を貰う為に、近所に町医者には通っているが、大病で入院した事もなく、看護師さんとお話しするのは、人間ドックの時の、ご指導の時間ぐらい。
という事で、看護師さんの仕事内容をほとんど理解しておらず、私の高校の同級生が高等看護学校に進学した事を知っている程度だった。

しかし、昨年だったか、東京でいとこの奥様にお会いした時に、名刺を頂くと某有名大学の医学部看護学科教授となっていた。
仕事内容を少し聞いてみると「学生への講義は勿論、人口肛門の方の衛生管理等の研究を行っていて、学会等を主催したりしている。」と。
失礼ながら、看護師さんが研究をするとか、看護師さんの学会がある事も初めて知った。

私が大学生の頃は、大学の看護学部や看護学科は、2,3か所の大学しか無かったとの事ですが、いまや180か所ぐらいの大学や短大にあるとの事でした。
島根大学医学部の中にも看護学科がある様です。
そんな事すら、知りませんでした。
言われれば、医療が進むにつれ、看護の方も当然多岐にわたり、高学歴の看護師さんが必要になるのも当然で、その技術を研究したり、学会で発表する事も必要だと思う。
現状、地域の総合病院や医院に、高学歴の看護師さんが、沢山おられるとは思いますが、病院勤務となると、その患者さん対応が主となるはず。
更に、介護施設にも看護師さんがいる事を、最近仕事で介護施設に行く事で初めて認識した。
という事で、その知識の中には、当然「コミュニティーナース」という単語があるはずが無かった。


少し話が逸れてしまいましたが、この記事のHさんも高学歴で、更にコミュニティーナースの経験を持ってのUターンとの事。

この地域では、増々高齢化が進み、医療、介護の問題は色々と出てくると思われ、その間に入っていただける、Hさんの活動は、大変価値のあるものと思われます。


昨年の江津市のビジネスコンテストで優勝されたMさんも、高学歴の看護師さんで、かつ助産師で、妊婦の妊娠中、産後のフォローを行われている。


この様な看護師さんが、増える事は、素晴らしい事。
お二人の、ご活躍を期待したい。


個人的には、まだまだお世話にならなくても良いように、健康でいたいものです。

2 件のコメントがあります。

5月 13 2019

抜歯された。

投稿者:

今日は、朝から晴天までとはいかす、薄雲が・・・・。
気温は、県内で30℃超えの所もあった様ですが、この辺りは23℃程度。



朝7時30分から8時まで、春の全国交通安全運動の一環として、江津市で行われた「さわやか2000人交通安全運動」に参加。
本町地区の自治会は、国道9号線のJAの反対側に並んで、交通安全を呼び掛けた。





15時に予約してあった歯医者に。
実は、先日上京する前日、柿ピーを食べた瞬間に、歯が縦に割れた。
仕方なしに、多少の痛みをこらえて、上京。
しかし、それほど痛くならずに、何とか耐えられていたため、予約していた今日の治療に・・・。
しかし、見せた瞬間「これは抜歯するしかないですね・・。」と。
ということで、抜歯。

昔、歯医者で「固くて丈夫な歯ですね。」と言われた事があり、歯には自身を持っていたはずが・・・・。
年の為か、歯は割れるわ欠けるは・・・・。
もうボロボロです。
歯の治療が追い付かなくなりそうです。
暫らく、硬いものはやめた方が良いのかな?




総務省は、通信機能を持つ家電製品などに割り当てる携帯番号が今後不足すると見込まれるため、新たに「020」で始まる14桁の番号約100億個を追加する方針を固めた。と。

新聞記事

将来、益々回線が必要となると思われ、電話回線で使う訳でも無いのだから、数字だけにしなくても良い様な気がするのだが・・・?
それは、さておき、5Gがスタートしたり、デジタル家電の普及に備え、どんどん準備が進んでいる様にも思えるが、実際はどうなのでしょうかね?
いつも問題になるのが、法整備。大丈夫かな?

4 件のコメントがあります。

5月 12 2019

焼売弁当

投稿者:

今日(5/12)も、朝から晴天となり、気温も24℃ぐらいまで上昇した様です。



懐かしい弁当の記事を見つけました。
崎陽軒の焼売弁当です。

新聞記事

1日8,000食が手作りだそうです。

サラリーマン時代、一時期(10年間ぐらい)東海道新幹線に、良く乗車した。
毎週の様に乗車した時もあった。

新横浜から乗車する時は、焼売弁当と焼売単品(15ケ入り)か、他の幕の内弁当と焼売単品の購入となっていた。



他の幕の内弁当が、プラ的な容器に入っているのに対し、焼売弁当は経木の折り詰めで、白米がほんのり木の香り。
子どもの頃は、使い捨て弁当箱は、この経木だったので、懐かしさはあるが、この欠点は、ごはん粒が木に付いて、なかなか取れない事。

今や、廃プラが海の動物の体内に入り、問題にもなっている。
そう考えると、この経木の弁当箱を使い続けている事は素晴らしい。


子どもの頃、我家では、餃子を食する習慣は、あったが焼売は無かった。
当時は、勿論冷凍なんてものは無いし・・・。

焼売なる物を始めて食べたのは、いつだったのだろうか?
記憶が全く無いが・・・。
焼売は、好きで中華を食べに行った時は、良く食していた。


おそらく崎陽軒の焼売を初めて食べたのは、新幹線の中だったと・・・。
一緒に出張に行く方が、焼売単品を購入していて、1つ頂いたのが初めて。
「えっ、冷たいのに、こんなに美味いの・・。」と驚いたものだった。


Uターン後は、崎陽軒の焼売を食すことは、少なくなった。
勿論、島根では販売されていない。
という事で、最近は、真空パックなる物を時々お土産で持って帰るのだ。


何はともあれ、長きにわたり、お世話になっています。
勿論、551の大粒の焼売も美味い。

2 件のコメントがあります。

5月 11 2019

大型化する風力だが・・。

投稿者:

今日(5/11)も朝から晴天で、気温も23℃を超え、夏日に近づいてきた。



北海道松前町に蓄電池システムを併設した風力発電設備「リエネ松前風力発電所」を建設し、運転開始した。と。
蓄電池の充放電により風力発電の出力変動を緩和し、安定した電力供給が可能という。

記事

合計の定格出力は40.8MW(定格3.4MWの風車12基)、蓄電池の容量は18MWh。
年間発電量は一般家庭約3万世帯分に相当する1億590万kWhの見込む。と。


電力精度の悪い風力発電に蓄電池と接続するシステムにして、電力精度を安定化させることは、電力供給に対しては、良い事。


しかし、北海道電気予報によると、明日の最大発電量は430万kWとなっている。
定格での計算では、この風力発電所の発電量は、明日の北海道電力の発電量の0.9%にしかならない。
更には、風力発電は、最も発電効率が良い場合でも20%から25%程度。
25%で計算すると、0.2%。
よって、北海道電力の精度全体に与える影響は、ほとんど無いが、風力及び蓄電池システム単体で、電気を使用するとなると、その効果は大きい。



サラリーマン時代に、風力、蓄電池、更にディーゼル発電機を接続したハイブリットシステムを見学した事がある。
沖縄県の最南端の波照間島にあるシステム。
この様な、離島では、大きい効果となる。


昨年の北海道地震での大停電の原因とされた、苫東東圧電所は、35万KW、60万KW、70万kwの165万kw。
この発電量を今回の1基3400KWの風力発電所の稼働率25%で計算すると、約1942本の風力発電が必要となる。



多少、後ろ向きの事を書いたが、更に蓄電池容量が大きくなる事は歓迎したい。
しかし、まだまだしばらくは、原子力発電や火力発電に頼るしかないのが現状。
最近、次世代エネルギーとして水素が注目されているが、大型化はこれも厳しい。



原子力、火力に変わるものとしては、40年後ぐらいに実用化されるとする核融合。
それまでは、スマートグリッドにて、有効活用する事が提案され、このHPでも何回か、取り上げたが、今は少し下火。


国のエネルギー施策は、なにやらアヤフヤのまま。
SDGsの事も有り、どうすのでしょうかね。

コメントはまだありません。

5月 10 2019

医療、地域格差縮小?

投稿者:

今日(5/10)も、朝から晴天で気温も23℃を超え、暑くなった。
来週は、夏日となる予報もある様です。



当HPでも、「医療の地域格差は仕方ない事」と述べていたが、「ちょっとだけ格差が縮小したのかな?」と思える記事を見つけた。
今日の山陰中央新報によると、松江市立病院が厚生労働省の「高度型」の指定を受けた。と。

新聞記事によると、専門的ながん治療を行う全国の拠点病院のうち、特に治療体制が優れた「高度型」に指定された病院は、中国地区で唯一、全国でも14施設のみらしい。

更に、次のランク「従来型」に、松江赤十字病院、島根県立中央病院、浜田医療センターが選ばれたようです。

がんだけではなく、救急医療等まだまだ遅れている医療もあるとは思えるが、今回の指定は、良い事と感じる。
近い将来、5Gが当たり前になると、手術においても遠隔対応が可能となると言われており、医療格差が縮小すると予想され、嬉しい事と思います。

コメントはまだありません。

5月 09 2019

東京五輪チケット

投稿者:

今日(5/9)も、朝から晴天。
気温も22℃ぐらいまで上昇。しかし、少々風が強かった感じです。




朝から、1年点検と先日報告したリコール分の修理で、車が入院。
お昼過ぎに、電話があり、
「2,3取り換えた方が良い所が出てきましたので連絡しました。」
「あっ、そう。」
「まず、後ろのワイパーのゴムが切れています。オイル交換時期にも来ていますので、交換します。」
「はい。」
「それから、エンジンプラグもそろそろ交換時期です。」
「はい。」
「ブレーキパットの摩耗が激しいのと、反対側の金属の錆がひどいです。」
「錆びる金属を使うメーカーが悪いのでは・・?」とちよっと反抗はしてみたが・・。

「〆て、50,000円ぐらいになります。」
「アーぁ」

この色々な税金請求がある時期に・・・。
車は、5月に買うと、こんな事となります。来年の今頃は車検なんだな・・・。

足回りは、何かあるのも嫌なので、どうしてもすぐ交換をお願いしてしまう。





大変 凄惨な事故が発生しました。
大津市で、保育園の園児が信号待ちしていた列に、自動車が飛び込み、園児13人と保育士3人が救急搬送されたが、うち男女の園児2人が全身を強く打っており死亡が確認された。
他に男児1人が意識不明の重体、8人が骨折などの重傷で5人が軽傷を負った。と。

新聞記事

なんとも、やりきれない。
保育園側は、従来から歩道の車道から最も遠い所を通る事にし、今回の信号待ちでも、車道から少し離れた所で待っていた様です。

しかも、道路の反対側の公園までのお散歩で、保育園の近所に横断歩道があるらしいのですが、信号機が無いという事で、少し遠回りし、今回の事故となった場所の信号機のある横断歩道を選んだのだそうです。

リスク管理が出来ていたはずなのに・・・・。


下記の記事では、右折する車の前方不注意が事故の原因と判断した様です。
記事上にある、航空写真を見ると、写真の下方から来た車が、直進車の間をぬって右折するか、右矢印が出た時に右折するタイプだ。

新聞記事

信号は双方とも青で、路面にブレーキ痕はなかった。と。
何故?

右折車は、前方不注意ですから、ブレーキ痕は無いかもしれないが、直進車にもブレーキ痕が無い事が、解せない。

衝突する事にパニックとなって、ブレーキを踏んでないのだろうか?
もしそうだとしたら、運転不適格者かも?



この辺りでも、右折とか、合流とかで、「おいおい、この間隔で入ってくるか」とこちらがブレーキを踏む事が良くある。
あるいは、赤信号から青信号に変わった際に、直進車がいるにも、先に右折する車を良く見かける。

この様な自動車の安全指導を交差点で、おまわりさんは行うべき。
今回事故の場所も、事故多発場所だった様です。
隠れて、スピード違反での罰金稼ぎを行っている場合ではない。



東京オリンピックチケット販売開始となった様です。

新聞記事

結構な価格の競技、比較的安価で見る事が出来る競技など色々。


昨日のTVで協会の方にMCが
「まだ組み合わせが決まっていない競技の日本チームのチケットはどうやって買うのか?」
協会の方は、「それは出来ません。」とシャーシャーと言っていた。


柔道は、どの階級も日本人は、出場するのでねらい目かと・・・。
Aセッション席で、予選15,500円 決勝 54,000円
しかし、その柔道で、予選と決勝の値段が異なっている。
何故?
柔道は、男女共に毎日一つの階級の競技行われるはず。
まさか、予選終了後、いったん観客を出し、再び決勝戦のチケットを持っている方が入るのでしょうか?

それとも、TVで放映しているのは、決勝トーナメント?
それ以前に、予選があるのかな?


私には、関係無い話かな?

2 件のコメントがあります。

5月 08 2019

石州瓦が・・・。

投稿者:

今日(5/8)は、朝から晴天で、明け方は寒かったものの、気温もぐんぐん上昇し、20℃越えとなり、心地良い1日となりました。



今朝の朝刊で心配の記事が・・・・。
江津市近郊の地場産業の石州瓦の生産が低迷している様です。

2018年度は、前年度の7.2%減の3404万枚程度だった様です。

昨年は、浜田市の1社が倒産した事も影響している様ではあるが、記事上部の年度別出荷推移グラフを見ても、2010年頃の6000万枚超えの状態から見ても、激減。


昨年の週間山陰経済ウィークリー10/16号にあった、過去の石州瓦の出荷枚数です。

瓦の産地は、愛知県の三州瓦を始め、多数あるようですが、関西大震災以降、どこの産地も生産量は下降している様です。
その関係が明確かどうかは、微妙な所ですが、地震の2,3年後から下降しています。
1990年代までは、新設住宅着工戸数と相関関係にある感じですが、その後は反相関関係にも見えます。
最近は瓦以外の素材を使った屋根も増え、更には西洋建築というのか、日本家屋でない感じの物も増えているのも原因かもしれません。


私の子どもの頃は、あっちもこっちも、瓦を焼く窯があったと記憶しているのですが、今や市内に窯業所は2社のみとなりました。
鬼瓦のメーカーを入れると、もう少しありますが・・・・。


最近では、瓦素材のタイルや、石州瓦は高温で焼く事が特徴で、耐熱食器を作っている会社も出て来て、色々と努力はされている様ですが・・・・。


日本家屋、神社仏閣などの瓦需要は、無くなる事は無いと思いますが、出荷枚数の低迷をV字回復は、厳しいと思われます。
タイルや食器の様な新商品が、どんどん出てくることを期待したいと思います。


新聞の記事にある工業組合の理事長は、浜高の同級生です。
彼なら、やってくれると思っています。
期待しています。

4 件のコメントがあります。

次へ »