カテゴリの最新記事

カテゴリ:食、食材

4月 17 2019

都錦 復活

投稿者:

今日(4/17)は、朝から日差しがたっぷりでは無かったが、気温は21℃を超えた様で、今年初めて、暑く感じた。



江津市の話題ですが私の苦手分野から
蔵元 都錦(みやこにしき)が復活するとのニュースです。

この都錦の復活の噂は、私にも聞こえていて、復活をバックアップした建設業の 会社の社長に少し前に出会った際に、
「復活は、順調?」
「何とか、販売は5月頃からでしょうか?是非、いっぱい飲んでください。」
「残念ながら、酒が必要ない人なんだよ。」
「えっ、そうなんですか?見えませんね。その分宣伝して下さい。」と。

飲んで、味わい等の報告が出来ないのですが、まずは、ブログで宣伝です。



記事によると、市内には1940年頃、19の蔵元があったと書いてある。
私の住む自治会に1軒、隣の自治会にも1軒とあったぐらいで、昔は酒と言えば日本酒だったのでしょうね。
その当時の、価格感覚は、安かったのでしょうかね?




初の自動車のリコール。

新聞記事

マイベンツのリコールの新聞記事が・・・。
早速、購入店に連絡したところ、「対象外の様です。」との回答で安心していた所、次の日、購入店から再び電話「すいません。対象車でした。調査が済んだ順にリストが送られてきていて、最初のリストには入っていなかったのですが、今日来たリストに入っていました。」と。

その後、自宅のポストを見ると、下記連絡ハガキが


部品が入ったら、また連絡してもらう事となっています。


車のリコールは、毎年各社から発表されている。と感じている。
この状況は、正しいのだろうか?
開発時の試験が不十分とは言えないのだろうか?

上記の私の車の事例の場合は、ハガキによると
「カウルルーバーにおいて、ダッシュパネルとの合わせ部の止水処理が不適切な為、雨水等がブレーキブースターに滴下するものがあります。その為、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキブースターの錆が早期に進行し、最悪のの場合、ブレーキブースターに穴が開き、ブレーキペタルの操作力が増大するおそれがあります。」と。

早い話が、パッキン等の処理がまずく、水漏れがある。と言う事だ。
この実証試験は、容易い事と思われるのだが・・・・。
192万台の部品代と工賃を併せると、相当な金額。
温度変化を与え、色々な角度からの放水を行えば、発見できたと思えるのだが・・・・。

いずれにしても、自動車のリコールが、各社共に多すぎると感じるのだが・・・・。

2 件のコメントがあります。

4月 13 2019

原木が届く

投稿者:

今日(4/13)は、朝から日差したっぷりで気温も15℃を超えた様で、爽快な1日。


朝1番(7時40分頃)に電話が
「起きてるか?今から持って行くから・・・。」
「ありがとう。」

電話の主は、同級生のテルちゃん
持ってきてくれたのは・・・。

どんぐりの木、長さ1m少々、直径15cm程度。
木の中ほどに、上から下まで、10cmおきに白い点が見えますでしょうか?

白い点は、種駒
この種駒の菌が、原木に移って、2年後ぐらいにシイタケが出てくる仕組みです。

先日、彼に出会った時に、「この原木づくりをする。」と言っていたので、1本おねだりした物。
その原木を持ってきてくれたのだ。

これから、風通しが良く、雨が当たる直射日光が当たらない場所を作らないと・・・・。



数年前に、1度、店から購入して、置いたことがあったが、多少直射日光が当たるところで、失敗した事がある。
同じ場所で、子どもの頃父親が原木を入手して来て、シイタケのもぎたてを食した記憶があったのだが・・・。何か直射を防ぐ事をやっていたのかな?

今回は、遮光シートを使って、完璧な場所を作らないと・・・・。
2年後が、今から楽しみです。

3 件のコメントがあります。

4月 12 2019

A級グルメはA級食材から

投稿者:

今日(4/12)は、午前中は、曇りがちだったものの、午後からは日差しも出て、気温も15℃近くまで上昇した様で、ここ2,3日の寒さは、終わった様です。




“島根邑南町の飲食店が2カ月連続で休める理由”と言う記事が、東洋経済にあった。

記事

邑南町は、私の住む江津市の南側にある山間部の町。

人口1万人程度の町でありながら、今全国的に注目されている。
世の中が”B級グルメ”ブームのさなかに、”A級グルメ”として発信し始めたのだ。

その理由が面白い。
地域の食材を、都会部のお店に売り込んだところ、調達量が少ないと断られた事が切っ掛けで、「では食べに来てもらえれば良い。」と考えて、A級グルメとしての発信。

と言う事は、A級グルメでは無くて、”A級食材”。
おそらく、A級食材からでないと、A級グルメにならないだろうな。

改めて考えてみると、生産場所の近い所にしかA級食材は生まれない。
自分でも釣るイカ、キス、スズキ等は、当然A級食材。
東京で食べていた魚とは、比較できないほど。



更に記憶が正しければ、邑南町は、素人の調理人を県外から求め、その彼らに調理の勉強代、住居等を与えて、スタートしたはず。
と言う事は、最初は、A級食材を使ったC級グルメぐらいだったのかな?

それが、いつの間にか、一流調理人もIターンし、店舗も相当数増え、A級食材を使ったA級グルメになったと言う事だな。
そのお客さんは、車で1時間程度の広島市から来ている様です。


10年ぐらい前には、仕事で時々邑南町を訪ねていたが、その当時は食事する所を探す事すら大変だった。
ここ数年間で、一気に変わって来た様です。
今度、食事に行ってみよう。




しかし、この記事の冒頭に「地方ではいまだに地方再生の切り札に”地元に工場を誘致したい”といったようなことを熱っぽく語る方も、一部には残っているようです。」と。
更に、「かつて、安くて若い大量の労働力が地方に残っている時代には優位性があった工場立地も、著しい高齢化を抱える現在の地方では、むしろ労働力確保のほうが問題となっており、工業的な視点で地方を語ると打つ手がなくなりつつあります。」とも。



勿論、邑南町の取り組みの成功は、素晴らしい事と思う。
しかし、それ以外にも、多くの人を雇用する大きな工場も必要と考える。
色々な物がバランスして成り立つものと思う。

その昔は、地方に進出する大手企業の工場は、田舎の安い土地、賃金の安いワーカーを求めての進出が主な理由だったと思われる。
従って、管理職は、本社側からの派遣で、地元の従業員は、管理職になれる確率は低かったと思われる。
しかし、今は地元出身の方が、大学進学の為に都会に出て、就職の為に戻ってくる流れができ始めている。
その証拠に、この辺りの誘致企業の工場長などの管理者が島根出身と言う方の比率は、かなり高くなっている。

この筆者の言う労働者不足は、地方に限った事ではなく、全国的な事で、当然島根でも外国人労働者が増えている。
企業誘致を否定するような書き方には、納得いかない。

2 件のコメントがあります。

3月 24 2019

賞味期限切れ商品

投稿者:

今日(3/24)は、朝から日差しがあり、気温も10℃を超え、昨日の寒さからは解放されたようです。
週間天気予報を見ると、今週は雨マークが消え、気温も12℃から18℃ぐらいの予報で、桜が待ち遠しいです。



午後、中庭の柿木の枝を剪定しました。

剪定と言うより、枝打ち。
その時期として、正しいかどうかは、判りませんが、新芽が出始めたので、葉が茂る前にと思い、行いました。

ついでに、しっかり肥料を与えるとかの世話もすると、もう少し大きい柿が出来るのかな?と思っているのですが・・・。
次の機会に・・・。



大変興味ある記事を見つけた。

国内でまだ食べられるのに捨てられている「食品ロス」は、平成27年度の推計で年間646万トン。国民1人あたり50キロ以上もムダにしている計算だ。と。

新聞記事

食品の表示は、消費期限と賞味期限がある。
生鮮品や総菜の「消費期限」は安全面から食べない方がよい期限だが、加工食品の「賞味期限」は味の保証期限で、実態よりも7掛け程度に短く設定されているという。


賞味期限切れのクッキー缶やチョコレート、お茶、梅干し、調味料などを20円均一で販売している店が東京都の代官山にあるらしい。

詳細は、記事を読んでもらう事として、子どもの頃は、消費期限や賞味期限なんて物は無かった。
買った物が、食べられるかどうかの判断は、目視、臭い、味覚で判断していた。
その事は、今でも時々役立っている。

消費期限と、賞味期限の違いを明確に知っておられる方は、どのくらいいるだろうか?
つまり、賞味期限が切れると、処分している方がどのくらいいるのだろうか?
おそらく、食品ロスとしてカウントされているのは、商店や製造元の事。
家庭で処分されいる物は、カウントされていないと思われる。


いづれにしろ、食品ロスを減少させることは、大変重要な事と思う。
しかし、食品ロスが減少させる事と、食品メーカーの製造量は、その分減少するのかな?
スーパー等の売り場では、売れる分だけの用意では、お客の購入意識が低下するとも聞いたことがある。
確かに、野菜などは、残り1つは買いたくないかな?
たくさんあると、選ばないまでも、買いたくなる。
営業戦略等の見直しも必要となるのでしょうか?



販売での戦略は、お店の方にお任せするとして、
家庭の食品ロスを少なくする提案を一つ。
賞味期限表示をしている食品には、もう一つ消費期限も表示するのはどうだろうか?
少なくとも、家庭でのロスは減少させられるのではないかと?

10 件のコメントがあります。

3月 23 2019

アクアス祭

投稿者:

今日(3/23)は、朝から曇りがちで、時々雨がパラパラ。
夕方には、白い粒の入った雨の時間も・・・。
気温も8℃程度と寒い。

あられ?、雹?
違いが、判らず、調べてみると5mm以下があられ、5mmから50mmぐらいが雹の様です。
と言う事で、今日のはあられです。



午前中、思い切って、アクアス祭に行く事に。
このアクアス祭は、今日、明日の開催で、明日は天気が良い予報ではあるが、花粉が怖い事も有り、多少雨混じりの時を選択。

会場に行ってみると、雨と寒さがあるにも、結構な人出。

館内には、先日近海で上がった、ダイオウイカの展示もあるとの事で、そんな事も関係しているのだろうか?


明日は、晴れの予報。
多くの人が、来場される事を期待したい。






私には、関係ないが、サラリーマン時代に良く出会ったビールの話題が・・・。

新聞記事

オリオンビールへのTOBが成立した。と。


サラーリマン時代に、沖縄に、30回以上出張で行っていた。
その際、食事に行くと、一緒に出張した方々は、ほぼ全員がオリオンビールを頼んでいた。
その次は、泡盛。

帰る時に、那覇空港で
「オリオンビール売ってるよ。」と言うと
「オリオンビールは、沖縄では美味い。」と言って、買って帰った方は居なかった。
泡盛を買って帰った方は、時々居た。

Uターン後は、沖縄を訪問していないが、今もあのビールだけなのかな?
筆頭株主のアサヒビールとの事で、色々な新商品が発売されているのでしょうか?

それとも、これから改革が入って、色々な商品が出るのでしょうか?

飲んだことは無いですが、何度も聞いた「オリオンビール」の単語。
この記事が、なんとなく気になりました。

コメントはまだありません。

3月 12 2019

サバ缶ブーム

投稿者:

今日(3/13)は、朝から曇りがちでしたが、午後からは日差しも出て、気温も13℃ぐらいに上昇した様です。


これだけ暖かくなると、桜の開花が気になるとところです。

桜開花予報

島根県は、松江市が3/26。
この辺りは、松江市より1,2日早く開花しますので、3/24の日曜日あたりでしょうか?
いよいよ、春です。



最近、サバ缶が大人気となっている様ですが、製造側も色々と大変な様です。

記事

何故、ブームなのか?が判らなかったのですが、テレビの人気情報番組でサバ缶の栄養価の高さや健康・美容への効果が相次ぎ紹介されたことが大きい様です。サバ缶は、生活習慣病の予防や脳の活性化、ダイエットに効果があるとされる必須脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれる。骨や血合も丸ごと食べられるので、生で食べるよりカルシウムやビタミンDを多く摂取できる。と紹介された様です。


しかし、メーカーが「もろ手を挙げて万歳」なのかというと、そうではない様です。
需要の急増に伴い、原料が不足し、原料価格も高騰しているためだ。と。


先日、TVを見ていると、隣の浜田市の”どんちっちのどぐろ”の缶詰が出てきた。
この辺りでも、サバは勿論、のどぐろ、アジ等の缶詰めが、最近販売され始めている事を認識していた。
製造者も大変の様ですが、「肉対魚となると、どうしても肉の勝ち」にもかかわらず、魚が人気になるとは、嬉しい限り。
新たな製品を開発し、このブームに乗ってほしいと思う。


今度、”どんちっちのどぐろ”の缶詰を調達してみよう。
サバも旨いが、それ以上かな?
でも、やっぱり高いのかな?

2 件のコメントがあります。

3月 02 2019

第6回肉祭り

投稿者:

今日(3/2)は、朝から日差したっぷり。
しかし、風が少々あり、花粉が嬉しくない大振る舞い。
目がかゆいのなんの・・・。眼球が真っ赤になっています。



そんな中、第6回肉祭りを覗いてみた。

昨年は、東京出張で、行く事が出来ず、1年ぶり。
天気がいい事と、流石に肉は強い様で、大勢の人が訪れていた。

中でも、和牛ブースは、大行列。


この肉祭りは、明日も開催ですが、天気が少々心配です。





関西電力は1日、石油を燃料とする海南火力発電所(和歌山県海南市)を4月1日に廃止すると発表した。と。

新聞記事

たまたま、上記記事を見つけたが、火力担当の後半は、補修担当で、制御装置の更新(アナログからデジタルへの移行等)のまとめ役を行っていて、この海南火力発電所にも、数度の打ち合わせ等で出かけた。

過去にも、かかわった発電所で廃止になった所は有った。
新設で係わった所は、まだ現役で動いてはいるが、入社すぐ設計として参加した発電所は、営業運転からすでに37年が経過し、その後かかわった所も30年を超えている。
近い将来、かかわった発電所すべてが廃止になる日も近そうです。


世間的には、どこにどんな発電所があるかを知っている方は、ほとんどおらず、マイナーな仕事。
とは言っても、自分がかかわった発電所が無くなるのは、一抹の寂しさがある。

6 件のコメントがあります。

3月 01 2019

セブン24時間営業

投稿者:

今日(3/1)は、朝から日差したっぷりの晴天。
3月に入り、益々日差しがまぶしくなった感じ。



富山湾に春の訪れを告げるホタルイカ漁が1日に解禁されましたが、滑川漁港で捕れたのはわずか1.5キロと記録的な不漁になりました。と。

TVニュース

酷いですね。
今年は、すべてのイカが不漁の様です。
以前、東北方面でスルメイカが不漁とのニュースが有りました。

この辺りでは、ヤリイカが旬を迎えていますが、やはりあまり釣れない様です。
地元ケーブルTVで、近所での釣果情報を伝えていますが、ヤリイカの数が異常に少ない。
私も、以前ひどい場所取りがいると報告して以来、場所は取れない、更に釣れないとの情報で、行っていない。

「海水温が高い」とか原因は、色々あるようですが、イカが日本近海に寄っていないだけの様で、海の中の絶対数が少なくなった訳ではないようですが・・・?
しかし、イカは岸に寄ってくるのは産卵の為らしく、寄ってきていないと言う事は、どこで産卵しているのでしょうか?ちょっと心配です。





東大阪市にあるセブンイレブン店舗が、今月から未明の営業を取りやめた。
しかし、セブン―イレブン・ジャパンの本部は、「24時間営業が原則だ」として営業時間の短縮を認めておらず、対立している。と。

新聞記事

の対立に対して、上記記事では、関西経済同友会の幹部らが、本部側の対応を批判した。と。


他社の対応を、堂々と批判するとは、珍しい事。
コクヨ会長は、「人手がなくて店を開けていられなければ、閉めざるを得ない。それを邪魔するのが契約かと思う。(契約という)技術的に正しいかもしれないが、一拍置くべきではないかと判断を下せないのはさみしい」と。


会社運営の話ですので、気にはなっていましたが、取り上げる事はしていませんでした。
今回の対立は、東大阪からですので、江津市辺りとは、また違った環境とは思いますが、今回の件の発端は、「給与を上げたのに、適切な数のアルバイトが確保できない。」事が理由の様です。


東京に出張に行った際に、いつも宿泊するホテルの1Fのコンビニ店員は、ほとんど外国人。(その他、新橋近郊のコンビニは、外国人の方が多い)
その隣のスタバは、すべて日本人。

たまに、異常に懐かしい吉野家の牛丼が食べたくなる事があり、入店すると、そこもやはり店員は、外国人。

24時間営業になると、外国人となるのかな?

このコンビニ、スタバ、吉野家の店員さんが、学生なのか、社会人なのかは不明。


では、江津市辺りでは、店員さんは、学生だったり、奥様パートだったりとすべて日本人。
結構な数の店舗で、アルバイト募集のポスターが貼ってあり、やはりなかなか人が確保できないのかも?

ごくまれに、夜釣りの帰りとかに深夜に買い物に行く事がある。
その際にも、気になる事が・・・。
店内は、ほぼ貸し切り状態で、店員さんは、陳列等のチェック等をしていて、レジに行って「すいません。」と呼ぶことが多い。
そんな店の状態でも、店員は、複数。セキュリティーを考慮かな?
つまり、アルバイト代分の利益が出ているのかが心配になるのだ。



勿論、深夜でも買い物が出来る事は、便利で大変助かる。
しかし、子どもの頃は、18時以降に開いている店は、皆無だったことを考えると、元々のセブンイレブンの意味の7時開店、23時閉店でも何ら問題ない様な気がする。


Uターン後、セブンイレブンとかの進出があり、コンビニが一気に増えた。
その分競争が激しくなった為か、いくつかの店でオーナーが変わったり、店舗自体が無くなった所もある。
24時間営業が、経営に影響していた所も有ったのかな?

部外者が、出しゃばる事ではないが、地域によっていろいろな経営状態があり、全国一律である必要はないのではないかと・・・・。

4 件のコメントがあります。

2月 28 2019

「高級スタバ」開店

投稿者:

今日(2/28)は、夜中に雨が降り、朝から曇りがちの天気。
雨が降ったので、花粉症が楽かと思いきや、今シーズン最大の悪症状。
ここ数年、花粉が少なかったので、久しぶりの症状。
花粉症は、GW前まで続くのに・・・・。



米朝首脳会談、事実上の決裂となった様です。

新聞記事

最後の共同声明の発表も中止になり、残念な結果となりました。
残念とは、書きましたが、安易に両トップの私的な保身のために、色々な事が締結されても・・・・・・。
結果として拉致問題も、解決の糸口にも達しなかったと思われ、これについては残念に思う。
世界が平和になる様に、今後も検討が続く事を期待したい。




スターバックスコーヒージャパンは、高級路線の旗艦店「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」(東京都目黒区)がオープンする。と。
米ニューヨークなどに続く世界5店目で、日本初出店となる。ブランド力の強化が狙いだ。と。

新聞記事

更に、お店のHPを見てみると・・・。

「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」

写真で見る限りは、なんとなく何かのプラントの様にも見え、昔の映画の1コマの様にも見える。
なんとも、気軽に入れるスタバの雰囲気ではない。
店員さんの緑エプロンの着用も無く、全く違う店の様だ。


他の雑誌の記事を見てみると・・。

その他の記事

一度行ってみたいとは思うが、記事によると花見のシーズンまでは、大混乱が予想されている様で、半年後ぐらいに覗いてみるのが良い。とも書いてある。

確かに、目黒川沿いの桜は、1度見に行ったことがあるが、素晴らしく綺麗。
川幅20m程度(?)の両岸に800本の桜が咲き乱れている光景は圧巻。



子どもの頃は、江津近郊の桜は綺麗だと思っていたが、Uターンしてみると、ソメイヨシノの数は、圧倒的に少なく、あるのは自然に生息しているとみられる山桜がほとんど。
東京近郊は、堤防沿い、公園、寺社仏閣の中庭には、ソメイヨシノが植えられていて、何か所も桜の名所がある。
しかし、江津近郊は、自然だらけの為か、新たに作られた公園は少なく、ソメイヨシノは少ない。
江川の土手にソメイヨシノを植える企画をした事も有った様だが、1級河川の為、国交省から「木が成長すると土手が崩れる危険性がある。」との事で許可が出なかったと聞いている。


江津近郊の状況は、さて置き、上記記事上にあるテラスからの写真では、桜の枝に手が届きそうなくらいの近さ。
コーヒーカップに、桜の花びらが落ちたりしたら、素晴らしい風情ではないかと・・・。


場所を見ると、中目黒駅から500m程度は離れていて、行くには少々遠い気もするが、機会があれば行ってみたいものです。

2 件のコメントがあります。

2月 21 2019

嬉しい事が・・・。

投稿者:

今日(2/21)は、時々晴れ間もある曇りがちの天気。
しかし、少々風があり、気温は10℃程度。



嬉しい事が2つありました。
1つ目は、野暮用で市役所を訪問したところ
「山藤さん、先日くしゃみが出なかった?」
「また、どっかで悪口言ったでしょう。」
「いやいや、先日、広島で島根に工場誘致をしてもらっている会社との懇話会があり、席上某企業の方が、『江津市は山藤さんが中心となり5S研修を行っていただいていて、わざわざ工場まで出向いてくれ、色々と指摘してくれていて、大変ありがたい。
5S研修は、有ってもわざわざ工場まで来てくれる研修は、聞いたことが無い。
来年度の予定が決まっていれば、連絡いただきたい。』と山藤さんを名指しで言っておられ、我々も嬉しかった」と。

なんとも嬉しい誉め言葉。
ここ9年ぐらい、継続していて良かったと思う。

このセミナーを提案した時から、「5Sの説明講義だけでは駄目だ。5Sは、改善活動の入り口だと認識してもらえ、更には各工場で5Sレベルも異なるし、製品によっては、その対応も異なると思われ、直接現場に行って指導するセミナーにしたい。」と申し出て、予算化してもらった事から始った。
来年度も、継続する予定となっており、ますます企業から感謝頂けるセミナーにしていきたい。



もう一つは、全国的に評判になっているパンが届いた。





“乃が美”のパンです。

先日、カーツスポーツの社長と松江市のカニ小屋に行く道中
「広島にある”のがみ”という店のパンが美味いらしい。知っている?」
「残念ながら、知らない。」
「娘がパン好きで、お父さん買ってきてと言うもんだから、来週広島まで買いに行く予定」と。

カニを食べながら再び、そんな話になっていて、帰りの車に、同席していた”新聞屋所長”君からメッセージ。
「嫁が、”のがみ”は、松江と出雲にも販売店が出来た。と言っている。」と。


そんな事で、今日カーツスポーツの社長が、昨日予約して、今日受け取りに行ってきたとの事で、我が家にも届いたもの。


説明書には、「まず、そのままちぎってお召し上がりください。」とあるので、豪快にちぎって、パクリ。
もちもち感があり、美味い。

こだわり、には
①たまごは使用していません。
②最高級のカナダ産100%の小麦粉を使用しております。
③焼かずに美味しく食べていただける「生」食パン作りにこだわり、職人がひとつひとつ丁寧に焼き上げました。
とある。

たまごが使用していません。と書かれても、普段のパンはすべてたまごが入っているのかな?
こんな事も判らないのだが、とにかく美味い。
1日置く事で味が落ち付くともあり、明日も楽しみです。


嬉しい事が2つもあった、良い1日でした。
頑張った(?)事も1件

最近、まじめに歯医者に通っているのだが・・・。
今日、前歯の処置が終わった所で、歯科衛生士の方が来て
「今日は、歯と歯ぐきの間の歯垢を取ります。」
「えっ、歯と歯ぐきの間?痛そう?」
「少し、痛いと思います。麻酔しますか?」
「ハイ」
暫らくして、再び女医さんが注射器を持って現れた
「あら、麻酔は先生?」
「そうなんですよ。麻酔の注射も痛いけどね。刺すときは我慢して・・。」
麻酔され、右上歯を今回は大掃除された。
おそらく、歯と歯ぐきの間は、生まれた初めて。永久歯が出てからだと約50年の汚れが溜まっていたのかも?

無事終了したが、歯医者に通うたびに、その処置はしばらく続くのかな・・・?
やっぱり、歯医者は好きになれない・・・。

2 件のコメントがあります。

次へ »