カテゴリの最新記事

カテゴリ:IoT・AI・科学

7月 15 2019

何か変です。

投稿者:

今日(7/15)は、朝から日差しがあり、真夏を思わせるような雲が出ていたものの、気温は26℃程度までしか上がらず。

関東は、日差しが、7月に入り記録的に少ない様で、気温も25℃にも到達しない日が続いている様ですね。

いつ梅雨明けするのでしょうか?




2020年から文科省の学習指導要領改訂の主な狙いは、「主体的・対話的で深い学び(「アクティブ・ラーニング」)の視点からの学習過程の改善」となっている。

その改訂に対して、現場は戸惑っている旨の地方新聞の記事が・・・。

新聞記事

記事の題目だけを見ると、まだまだ準備が大変なんだ。と思ったが、読み進めると、急激な変化は、現政権が悪いとの批判で締めてある。


何かしら、変な記事に思えた。
この記事を取材の基に、記者が正直に書いたのか、あるいは現場の混乱を見て、記者が書いたかは不明だが、何か違っている様な気がする。


何のための教育なのだろか?
将来、子どもたちが路頭に迷うことなく、世界に通用する人材にする為の物と思う。
時代の流れが速く、一気にグローバル化となり英語は必須、一気に情報化になり、何をするにしろIoT、AIが必須。


今回の改定の主目的は、「主体的・対話的で深い学び(「アクティブ・ラーニング」)の視点からの学習過程の改善」。
主体的な学びを教える方が、主体的な取り組みをせずに、その教え方は指導要領に頼っている姿は、少々違和感がある。

この改定は、数年前から発表され、2020年スタートの取り組みをあちこちで行われたと聞いている。
主体的に取り組みが、最初からきちんとした教育が出来ている所と、取り組みが出来ていない所の差は、どこから出てくるのだろうか?

現場に聞くと、人員不足、その他の事が忙しく・・・と理由は山ほど出てくるとは思うが・・・。



一般企業は、客先の要求に対して、どんどん応えないと、一気に市場を失う事となる。
学校(特に公立)は、市場を失う危機感が薄いと感じる。

お客の声は、保護者は一番かもしれないが、生徒を送り出す企業の声は、さらに大事と考える。

その企業の声は、経団連の調査結果にあった。

経団連アンケート

このアンケートは、「高等教育に関するアンケート」ではあるが、高等教育だけでなく、小中学校への要望も同様と考える。

アンケート結果は、文系、理系ともに、産業界が学生に期待する資質、能力、知識では、「主体性」「実行力」「課題設定・解決能力」が上位となっている。

優先的に推進すべき大学等の教育改革では、「イノベーションを起こすことができるリーダー人材育成への取り組み」が1位となっている。

今回の文科省の学習指導要領改訂とほぼ一致している。

現場の先生方も、生徒を送り出す企業(社会)の声をPDCAのPとして、取り組む必要があるのではないだろうか?
主体的に・・・。

6 件のコメントがあります。

7月 11 2019

地方銀行も

投稿者:

今日(7/11)は、午前中から曇りがちの天気。
時々、日差しが出て、蒸し暑い1日。




横浜銀行と千葉銀行が業務提携することが、分かった。と。

新聞記事

更に、京都北都信用金庫が、正職員やパート職員を含む約740人を対象に、本業と並行して異業種に就くことを認める副業制度を解禁した。と。

新聞記事

昨年、都市銀行のリストラが発表され、大学生の就職人気ランキングから、姿を消した。
その流れか、今度地方銀行のトップ級が、業務提携。
更に、以前みずほ銀行が副業を認めるとの記事があったが、今回は地方の信用金庫も同様に副業を認める発表。

その昔は、金融系に勤めているだけ、もう一生安泰、しかも高給と、誰もが思っていた。


IT系の進歩により、金券が移動する事が無くなり、窓口業務も激減し店舗すらいらなくなっている。


時代が確実に変わっているという事かも?
大手企業の幹部からは、「終身雇用は難しい時代になった」との声も出ており、この流れは、既に第四次産業革命が動き出していると言っても良いのかも知れない。

4 件のコメントがあります。

6月 29 2019

ファーウェイ禁輸解除へ

投稿者:

今日(6/29)は、午前中日差しが出て、予報が外れたかと思ったが、午後からは予想通り、雨が降り始めた。
梅雨前線の影響で、明日までは結構な雨が降る予報になっている。
ほどほどにしてほしいのですが・・・・。



G20に合わせて、個別に開催された米中会談で、米側が「中国の輸出品に対して新たな追加関税をかけない方針を示した」と伝えた。

新聞記事

これで、一端経済は正常に戻る方向に動き出すのかな?
他の報道では、米国は、「ファーウェイ禁輸解除へ」との事。
となると、ファーウェイに部品提供している日本企業への影響も、軽減方向に進むと思われる。
逆も真かな?

これだけでも、G20での全体会議が上手くいった影響で、個別会談も順調に推移していると思って良いのかな?

日本と韓国だけは、個別会談が実施されないようで、困ったものです。



そのG20で、警備に当たっていた島根県県警が、大チョンボをしてくれたようです。

新聞記事

トイレで個室に入り、ピストル等の装備されたベルトを外す事は、理解できるが、そのまま置き忘れて、外に出るとは・・・・。

一般の方が、トイレとか手洗い場にて、携帯電話、時計、指輪などの置忘れが多く発生していると聞くが、全く同じ状態。

何か、対策がなされていないのだろうか?
今であれば、「ICタグ等を付けて、装備品と離れると警報を鳴らす」なんて事も出来るが、手首と装着品をちょっと長いヒモで結んでおいて用を足すとかの対策は出来ると思うのだが・・・。

今回は、施設の関係者が気づき、大事件には発展しなかったものの、今回の様な、重大な警備の時に、こんな事が発生するのであれば、個人の責任では無く、組織できちんとした対策を講じる必要があると思われる。

コメントはまだありません。

6月 21 2019

ペットボトルを食べる菌

投稿者:

今日(6/21)は、朝は晴天で気温もぐんぐん上がる気配だったが、午後からは曇りがちとなり、15時ぐらいから雷を伴ったバケツをひっくり返したような土砂降り。
明日も、少し雨が降る時間帯がある様で、いよいよ梅雨入りか?とも思えるが、予報を見ると27日からが毎日雨マークで、ここで梅雨入りかな?




なんとも頼もしい菌の話題が・・・。

新聞記事

堺市内で見つかった細菌が世界の注目を集めている。と。
この細菌は堺市内のペットボトルの処理工場で、京都工芸繊維大の教授らが見つけた。発見場所にちなんで、2005年に「イデオネラ・サカイエンシス」と学名がついた。と。

厚さ0・2ミリのPETを、約1カ月で二酸化炭素と水にまで分解するという。


残念ながら、これだけの情報では、すぐの実用化が可能かどうかは不明だが、今問題となっているプラスチックゴミの一助になれば良いと思うのだが・・・。



各自治体のペットボトルの分別はどうなっているのだろうか?
江津市は、以前は燃えないゴミで、個別回収となっていたが、今は資源ごみとして出すか、燃えるごみとしても出すことが出来る様になり、処置がしやすくなった。

その昔、ゴミ焼却炉の燃焼温度が低く、燃焼と同時に、有毒ガスが排出される事から、分別ごみの袋が、5,6種類にもなる所がある様です。
最近新設された焼却炉は、燃焼温度が上昇し、有毒ガスの排出が無くなってきているとの事で、江津市もその対応になった様です。

コメントはまだありません。

6月 19 2019

また震度6強

投稿者:

今日(6/19)は、朝から晴天だったものの、それほど気温は上がらず、良い感じの1日。



昨晩は、新潟県村上市近郊で震度6強の地震があった様で、防災メールが入り続けていました。

新聞記事

幸いなことに、死亡者は居なかったとの事で、良かったです。
しかし、怪我をされた方等はおられ、被害にあわれた方にはお見舞いを申し上げます。

この地震の影響で、下記の様な防災メールが何度も入って来た。

「2019年06月18日23時07分 発表
津波の予想到達時刻・予想される高さ
島根県出雲・石見   0.2m未満」と。

津波の防災メールは、初めて。
あまり気持ちの良いものではない。
新潟や山形でも、津波の被害が無くて良かったと思います。




佐賀銀行は、行員同士がコンピューターを介して情報を照会する作業に人工知能(AI)を導入すると発表した。と。

新聞記事

この採用は、地方銀行に波及すると予想される。
都市銀行の人員削減が進んでいる旨のニュースが、結構あったが、この流れは地方銀行にも及ぶと想定されていたが、このAI導入で、人員削減が一気に進むと思われる。

地方銀行は、都市銀行に比較し、店舗の人員が少ない事で更なる削減は難しい所もあった様ですが、AI導入は、それを補填するのではないかと・・・。


今回の様な、「コンピューターを介して情報を照会する作業」は、各所であると思われ、一気に普及する可能性もある。
人員不足の助けになるのだろうか?

2 件のコメントがあります。

6月 17 2019

犬猫、マイクロチップ

投稿者:

今日(6/17)は、朝から晴天。
今週の予報にも、雨マーク無し。いつになったら梅雨入りするのでしょうか?

15日には、40mm程度の雨は降った様ですが、まだまだ例年の雨量には届かず・・・。
梅雨の最後に、帳尻合わせで大雨になる事が、一番怖い。
ほどほどの雨は降りますように・・・。



島根県として誇れるニュース。
里見女流棋士が5冠に返り咲いた。と。


女流棋士のタイトルは、マイナビ、女流王位、女流王将、倉敷藤花、女流王座、女流名人の6冠。更に今年から清麗が増え7冠の様です。


里見女流棋士は、現在女流王位、女流王将、倉敷藤花、女流王座、女流名人5冠
その内、在位5期でクイーンの称号が与えられるようで、女流王位、女流王将、倉敷藤花、女流名人は既にクイーンの称号を獲得。残りの女流王座は現在4期、マイナビは、相性が悪いのか1期のみ。

彼女は、体調を崩し、暫らく休息した時期があったが、女流名人の座だけはキープし、現在10連覇中。

もう凄いとしか言いようが無いが、さらに欲張って7冠獲得を期待したい。



犬猫に、マイクロチップを入れる事が法律になったと。

新聞記事

その昔は、ペットで、個体認証的な事をおこなっていたのが、伝書バトのNOリング程度。と記憶している。
食用の動物とかは、以前から何かしらの対応をしていたと思うが、最近はマイクロチップを使用しているのかな?


いよいよ、身近な生き物にマイクロチップが入る事となる。
記事によると「記録された15桁の番号・・・・」とある事から、情報としては、ごくわずか。
個体認証が出来る程度で、その他の事には使用できないと思えるが、人間に付く日も違づいてきたのかな?
こうなると、人権団体が黙ってはいないのかな?
ケースバイケースで、必要なケースが出てくるとは思えるが・・・。

4 件のコメントがあります。

6月 16 2019

出雲APにカードラウンジ

投稿者:

今日(6/16)の東京は、朝から晴天で暑くなっていた。

14時発(実際は、遅れて14時30分頃出発)の飛行機で出雲空港へ。
到着すると、小雨がパラパラして、寒い。最高気温が20℃に届かなかった様です。



今日目覚めると、喉が痛いし熱っぽい感じ。
13,14日とホテルが蒸し暑く、クーラーを付けっぱなしで寝てしまい、それが原因ではないかと・・・。
この行動が、「夏風邪は・・・・。」と言うのでしょうかね?



今回の出張で、報告しなかった事が1つ。
出雲空港にカードラウンジが6/1にオープンした様です。

このカードラウンジは、全国の主要空港にあり、過去どれだけお世話になったか・・・。

このラウンジをご存じ無い方に、少々。

ここは、各社クレジットカードのゴールドカードを持っていると、無料で利用できる。
コーヒー等の飲み物も無料で、朝はクロワッサンも無料のはず(最近、朝1番で行く事が無いので、不明。)

飛行機は、色々なリスクがあり、ついつい1時間前には、空港に到着する様にしていたので、このラウンジで、30分ほどは時間をつぶしていた。

ただし、ゴールドカードの会費は、年間1万円から2万円程度と高め。
しかし、空港で普通の喫茶店に入れば、500円程度はかかる。
ゴールドカードの年会費を12か月で割ると、1か月1000円程度。
1回の出張で、基が取れる計算。
更に、マイレージも、20%程度増し。

と言う事で、サラーリンマン時代は、完全に黒字。
Uターンしてからは、少々赤字とは思うが、現在もラウンジを活用されてもらっている。
今日も、羽田で利用した。

これが、出雲空港に出来たとなると、私にとっては、その効果は、大きいかな・・・?
次回は、利用する事としたい。

2 件のコメントがあります。

6月 14 2019

東京視察1日目

投稿者:

今日(6/13)は、朝から晴天で、出雲空港に向かうのに、正面からの日差しを受けて走ることに。
東京も、晴天で、日中ジャケットが邪魔になるほど。



昨日、報告している通り、島根の企業の方と最先端技術視察の出張に。
初日は、幕張メッセでIT系の展示会。

島根の企業の精鋭の方々。


この様な展博は、初めての方が多く、広さと企業数および人の多さにびっくりしていた。
これを感じることも、大変重要と思います。


懇親会は、いつもの神楽坂の久露葉亭へ。
今年は、人数が多く、後ろの石見神楽の襖絵が見えませんが・・・・。

色々な話題が出て楽しい懇親会となりました。


明日は、東芝タービン工場の視察です。

コメントはまだありません。

6月 08 2019

警報レベル 効果なし

投稿者:

今日(6/8)は、朝から曇りがちで、気温も20℃を超えない肌寒い天気。




昨日の広島近郊の豪雨は、先月運用を始めた5段階の防災気象情報のうち、上から2番目の「警戒レベル4」に当たり、出されたのは初めて。と。

新聞記事

しかし、避難は、最大20万1015人が対象になった広島市では小中学校など109カ所に避難所が開設されたが、避難したのは計228人(約0・1%)にとどまった。と。


この状態は、当然と思う。
避難勧告、避難指示等の言葉を数値化しただけで、何ら変わっていないのだから・・・。


というのも、昨年7月7日の広島県等で豪雨があった時に、江川の水位が結構上昇し、私の住んでいる地域(江津町)にも避難指示が出たものの、避難者はほとんどいなかった事で、新聞記事が、住民の意識の低さを書いていた。

この時、自治会長として状況(江川の土手に行って、及びネット情報)をウォッチしながら、皆さんと相談し、避難指示が出たものの、夜中だった事も有り、個別に周知する事は行わなかった。

その後、市役所の防災管理担当と話したところ、避難指示は国の指示で桜江町と江津町を一体としての指示を出すしかないので、この状態になっていると聞かされた。
つまり、範囲のくくりが大きすぎ、避難者が少なくなっている様です。

しかも、江津町内では、昭和以降最大の水害だった昭和47年水害の2倍の水位になったとしても、水害にならない地区にも避難指示が出ているのだから、どうにもならない。



官庁としては、避難指示を出さず、逃げ遅れる状態が発生すると、「避難指示が遅い」と責められることを回避する為に、早めに避難指示を出しているのではないかと?

しかも、避難指示が出た範囲の方が、万が一避難所に押しかけたら、定員オーバーになる事は、目に見えている。
にも拘わらず、避難しなかったとブレス発表している様です。


参考 下記が警報レベルが書かれている新聞

警報レベルが書かれた記事


警報レベルの設定をしただけでは、豪雨が発生した時に、この内容の記事は書かれ続ける事となる。


少なくとも、現在の避難指示の広範囲の一括発令を、最低でも100分割程度にし、個別に避難指示を出さない限り、この避難比率が低い現象は続くと考えられる。
更に、床下、床上浸水などの指示と土砂災害指示も分割。


AI、IoTの技術を用い、早期に上記の対応が出来る様に、対応すべきと考える。
水害は、他の災害と比較すると、予想しやすい所もあり、ハザードマップもある程度完備している。
そのハザードマップを十分利用してほしいと思う。

今回の様な無駄な報道が低減できる対策を早期に構築すべきと考えます。

2 件のコメントがあります。

5月 27 2019

「海馬」を模倣するハード

投稿者:

今日(5/27)は、朝から曇りがちで、気温も25℃程度までの上昇となった。
夕方からは、久しぶりの雨。
この辺りは、江の川のおかげで、渇水となる事はまず無いが、農作物の為には、適度な雨は必要。




東芝は、脳の「海馬」の中でも空間認知をつかさどる一部の神経を模倣するハードウェアを米ジョンズ・ホプキンス大学と共同で開発し、脳での神経細胞とほぼ同じ反応を電子回路上で再現した。と。

記事

とうとう、人の脳内の回路がハードで模倣出来る事になったとは・・・・。

まだまだ、過去の不祥事や原発関連のウェスティングハウス問題の痛手の回復には至ってないようであるが、今回の様な新たな市場の開拓をどんどん推し進めてほしいと思う。


海馬とは、時々TVの番組でも出てくる単語。

海馬とは?

とりあえずの新しい記憶を行う所らしい。

脳機能を再現するための研究を進め、自律移動型ロボットの小型化などへの活用に役立てるとの事。
将来は、海馬以外の脳の機能が模倣されて、AIやIoTを組み合わせると、スーパー頭脳を持ったロボットになってしまうのだろうか?

勿論、そのロボットを使うのは人間で、ロボットに指示される事は無いとは思うが、色々な面で、即座に正しい答えを出してくれる様になると考えられる。


最近、世間話が出来るアプリがある様ですが、そのレベルではなく、文学的や技術的な専門エリア等(世間話のレベルでは無くなるかな?)で、意見交換が出来るロボットの出現も、近いのかも?

コメントはまだありません。

次へ »