カテゴリの最新記事

カテゴリ:島根県

2月 16 2019

石見の元気まつり

投稿者:

今日(2/16)は、朝から冷たい風が吹く寒い1日。
夕方からは、雨がパラパラしました。
雪がパラツク訳でもなく、今年の冬は、おかしい気がします。



そんな中、江津市の舞乃市で”石見の元気まつり”が開催された。

このイベントは、初めての試みで、今日2/16が江津、2/24がアクアス(浜田と江津の境)、3/10が益田の開催。

どんなイベントか、顔を出して見たが、流石に寒く、お客様は、ごくわずか。

屋外の席は、まばら。
舞乃市の建屋内の席は、ほぼ満席。

こんな天候だった為、各ブースには行列が出来る事も無く、ブースの中の知り合いから、次々にお声がけが・・・。
全ての店舗で、お付き合い買いをする訳にもいかず・・・・・。
3品ほど購入し、そそくさと帰路に。


このイベントは、島根県と山陰中央TV等の主催で、開催されていて、”しまねっこ”も登場。

 
しかし、この寒い時に何故開催?と、少々関係している方に聞くと
「寒い時の集客が少なく、それを改善する為ではないですかね?」と。


上記チラシに書いてあることは・・・。

「石見」の魅力が県内外に広まり、石見のファンを・・・・・。とある。

であれば、良い季節に、他のイベントもある時に、更にイベントをたたみかけて集客する方が効果かは出ると思われる。
来客が少ない時期に、集客する事より、来客が多い時期に、更に集客する方が楽である事は、一般のお店でも言える事。

それとも、何か施策があるのでしょうか?
あるいは、データー取りのイベント?


ある漁業関係のブースに、”いかめし”と有ったので、それを目指して行ったところ、何と早々と売り切れ。
その横にあった、アワビを見つけた。
我慢しきれず、そこそのサイズを購入。

今回は、酒蒸しにして、肝ソースを作ってみました。
久しぶりの、料理の投稿ですが・・・・。
流石に、まずい訳がない失敗しないメニューです。

今週は、カニにアワビ。
この贅沢は、どうしましょうか?

2 件のコメントがあります。

2月 14 2019

今年も、カニ小屋

投稿者:

今日(2/14)は、朝から雨がパラパラする寒い1日。


昨年も、行った松江市のカニ小屋に行ってきました。

1か月ほど前、昨年も一緒に行ったカーツスポーツの社長から
「今年もカニ行こうぜ。去年は、シーズン最後(4/19)でお客もほとんどいなかったので、雰囲気が今一つだった。早めに行こう。」と。

調べてみると今年は、1/18から3/24までと期間が短縮されていた。
カーツスポーツの定休日の木曜日と、私及び、新聞屋の所長君の予定を加味し、今日(2/14)に決定した。

18時に店舗に入ると、利用方法の説明を受けて、いざ勝負。

写真のカニは、ズワイガニ。まぁーまぁーのサイズで5000円程度。

実は、昨年は、店じまいの頃だった為か、カニがもう一つだった。(ブログ上は、大人の対応をしたが・・・。)
今年は、シーズン真っただ中だ為か、ズワイ、紅ズワイ共に身がしっかりつまり、旨かった。
3人でズワイ2ハイ、紅ズワイ1パイ以外に、エビ、ホタテ、干物等を食べて5000円/人程度。
満足して、帰路に着いた。

帰りの道中
「来年も、この時期だな。」
「えっ、来年も行くの・・。」
「今年のカニだったら、来年も行こう。」
「・・・・。」
との会話になりました。




もう一つ、地元の話題。

ソフトバンクのCMで、シロイルカが「島根のおじ様」として有名にになった、海洋館アクアスの入場者が8,888,888人になったと。

この水族館は、2000年4月にオープンし、19年での達成。
おめでとうございます。

最近は、観光客の低迷で、少々苦しんでいる様ですが、毎年約30万人を集客する、この辺りの最大の観光地。

バブルリングも、今まで2頭でのショーだったものが、近々3頭でのショーとなる様です。

2 件のコメントがあります。

2月 13 2019

JALアシストスーツ導入

投稿者:

今日(2/13)は、朝から晴天。

いやな事が起こり始めた。
講義を終えて、帰宅すると、何やら顔に色々と付着した感じ・・・・。
「そう。花粉です。」
いよいよ、本番がスタートした様です。
これから、GWの突入までの、約70日間は、花粉と格闘です。





JALがアシストスーツを導入した。と。

記事

ソーディング場でのベルトコンベアからコンテナへの積み込み作業や、貨物倉庫内での貨物取り扱いに活用される。と。


価格が1台、60万円から70万円程度で、まずは羽田空港と成田空港に10台ずつ配備したと。


効果としては、導入する事で、筋肉の負荷を下げることができ、20分間の12kgの箱の運搬作用動作においては、箱の運搬個数が2割上がったとのこと。
なかなかの効果と思える。


これで、全国の空港で使用が始まると、急速に各所での使用が増えるのではないかと・・・。
そうなると、当然価格も下がってくる可能性がある。


この60万円から70万円の装置だと、なかなか中小企業での導入は厳しい。
同種の物を調べてみると、2万円台を実現との物も出ているが、性能的にはどうなのでしょうか?


この手の装置を始めて見た時は、ビックリしたが、どんどん開発がなされ、市場が広がり、安価になる事を期待したい。
おそらく、人手不足対策にも繋がる気がする。

2 件のコメントがあります。

2月 11 2019

カメラ女子に・・・。

投稿者:

今日(2/11)は、朝から夕方まで、雨がパラパラし続けていました。
最高気温は、7℃程度の寒い日。

関東では、雪が舞ったとのニュースが有り、下記新聞記事では、姫路城が雪化粧と・・。

新聞記事

この辺りは、そうそう積もる事は無いのですが、毎年何度かは薄っすら雪化粧があるのですが、今シーズンは、1度もありません。
やはり、異常気象でしょうかね?




最近、数年前に続き、不適切な動画投稿が問題になっている。
この様な事を、どう防ぐのか?
あるいは、若者をどう教育していくのか?

技術の進歩により、誰もが動画をアップ出来る様になった事によるものとも言える。


その技術進歩により、最近急増しているカメラ女子を、呼び込む事が行われたようです。

新聞記事

「魅力発掘!2泊3日山陰カメラ旅」として、安来市の吉田酒造や出雲市の木綿街道などを旅して、出雲大社や松江城といった「定番スポット」以外で撮影した。と。

まだまだ観光客の少ない島根県としては、良い取り組みと感じる。
地元の方は、カメラスポットと感じていない所にも、他地域の女子には、魅力的に映るようです。

是非、SNS等にアップして頂き、次の観光客が来てくれる事を願いたいです。


それとは、逆に観光客が増えすぎて、白川郷等は色々な問題が発生している地域もある様で、観光客もほどほどが良いと言う事でしょうかね。





酒の飲めない私ですら、「チャンポンは二日酔いになる」と言う事は聞いたことがある。
しかし、それは間違いという記事を見つけた。
大きなお世話の様な気もしますが・・・。

新聞記事

単純に、飲みすぎと言う事らしい。


欧州の研究者が「ビールをワインよりも先に飲むと二日酔いになりにくい」という古くからの言い伝えを間違いだったと発表した。と。

調査は19~40歳の男女90人を三つのグループに分け、ビールとワインを飲む順番を入れ替えたり、ワインかビールのどちらかにしたりしながら、さまざまなパターンで二日酔いの状況を調べた。結果はお酒を飲む順番による違いはなかったという。と。

と言う事で、飲み過ぎは注意です。

5 件のコメントがあります。

2月 07 2019

Suica簡易版へ

投稿者:

今日(2/7)は、昨日までとは変わり、朝から曇りがちで、お昼前からは雨がパラパラ。
気温は、昨日と同じぐらいの14℃程度となっているけど、体感的には、寒くなった感じ。




JR東日本が、同社の交通系ICカード「Suica(スイカ)」で、現状よりも導入費用を大幅に軽減する簡易版の新システムを早ければ2019年度中にも導入する方針であることが分かった。と。

記事

現在のスイカは自動改札での使用を前提にしているため、カードと読み取り端末機間のデータのやりとりを高速で行う。端末機には高度の処理能力が欠かせず、端末価格が高価になっていた。と。

記憶による、SuicaカードのICへの読み書きを含め、6回の情報のやり取りを行っており、その必要時間は0.2から0.5秒程度。
改札で、ICリーダーへの接地時間が短いとエラーになる事があり、中にはカードでICリーダー部を叩いている方を見かけるが、逆効果。じっとしていた方が感知しやすいのだが・・・・。


それは、さて置き、システム的には、高価である事はうなづける。
更に、カードへの現金チャージ機が高価であると認識している。

ただし、自動改札機は、従来の切符挿入タイプに比較し、はるかに安価になっているが・・・。


これらのシステムを、「クラウド技術を使い、端末側で情報を持たないシステムにすることで、導入する際のコストを引き下げる」と、簡易版の開発の狙いを強調。現在のスイカが過剰な性能となっていることから、データの処理量や速度を落としても、十分利用できるものにする考えだ。と。

Suicaカードが、学校の学生証(会社の従業員証も)と兼用となっている所もある。
更に、最近は、航空系カードとの連携等、多方面と連携したカードが、有る事を認識している。

これらを更に、広げようとしているのか?



しかし、こうなると従来のSuicaでは、ICカード内に、ある程度の情報を持っており、その辺でも販売しているICカードリーダーで、乗車経路、金額等が確認できる。
簡易型となると、ネットで経由して、乗車経路、金額等が確認できるようになるのか?


その前に、ほとんどの方がスマホでのSuica使用になるのかな?
色々な、変形が考えられるが、普及する事は良い事と思う。



技術的な細かい事は、さて置き、簡易型が開発されるのであれば、是非JR西も、同様の対応をしていただき、山陰線の様なローカル線各駅にも、設置してほしいと思う。
それでも、乗降客数とコストを考えると、なかなか難しい事は理解できるが・・・。
スマホ専用で、現金チャージ機は、無くても良いかな?



Uターン直後から、島根ではICタグ等を使ったシステムを見かける事が無く、体感できる事が出来ない為、なかなか他への流用等のアイディアも浮かばないかも・・・。と訴えたが、現状も、その浸透は進んでいない。
一部、コンビニ等でお財布携帯機能を使っている方もいる様ですが・・・。

この辺りのJRは、通勤で使用している方は、ほとんどいないが、通学している高校生たちが、そのシステムを体感できる事は、色々な面で価値あることと思われ、導入してほしいと思う。

是非、ICタグシステムの地域格差を軽減してほしいと思う。

コメントはまだありません。

2月 05 2019

地元を誇りに思う?

投稿者:

今日(2/5)は、朝から日差したっぷりで、風も無く、心地良い1日。
もう、春です? 
花粉は、舞っている様です。





地元を最も誇りに思っている都道府県と、反対に誇れないと思っている都道府県はどこなのか。最新版「都道府県の自慢度ランキング2018」が発表された。と。

地元誇り 記事

なんと島根県が、昨年の23位から一気に順位を上げ、広島と同率の8位に躍進。


島根県が1位になった項目が「人のよさや優しさ、おもてなしがよい」
その他にも
「伝統芸能、祭り、イベントがある」3位、
「誇れる街並みや歴史建造物がある」4位、
「誇れる美術館・博物館がある」4位、
「優れた伝統芸能的技術がある」5位、
「海・山・川・湖などの自然が豊か」7位などが上位にランキング。

ただし、「『自然が豊かなこと』を島根県の82%の人が誇れると回答しており、ランキングでも7位に入っていますが、残念なことに地域外の人に『自然が豊か』なイメージのある都道府県を聞いたランキングでは19位。また、自慢度で1位になった『人のよさや優しさ、おもてなしがよい』も、地域外のイメージでは20位です。外部評価よりも内部評価が高いというのが、島根県の特徴といっていいかもしれません」とも。

地元を最も誇りに思っている都道府県の調査なのだから、外部評価は、どうでもいいのではないかな?
地元愛が、強い事は良い事ではないか。と。


他県の事は、書くべきではないかとも思うが・・・。
( )内は、昨年度の順位。 
1位(2位)京都、2位(1位)北海道、3位(6位)長崎、4位(8位)鹿児島、5位(3位)沖縄、6位(4位)福岡、7位(9位)長野、8位(12位)広島、(23位)島根、10位(5位)熊本・・・。

47位(47位)埼玉、46位(23位)和歌山、45位(40位)秋田、44位(46位)鳥取、43位(45位)茨城、42位(44位)岐阜、41位(42位)山梨、40位(18位)徳島、39位(43位)佐賀、38位(38位)千葉、37位(23位)山口・・・。

何かしら、地域性とかの何かのパターンがあるかとも思ったが、これと言ったパターンは無さそうだが、昨年のデーターと今年のデータが、なんとなく相関関係にありそうです。
と言う事は、このデーターは、正しいと言う事かな?


もう一つ、「地元愛が強い都道府県ランキング」も下記の記事に有った。

地元愛 記事

共に、近い関係の様で、島根県がこちらも昨年の32位から10位にランクアップ。
同じ人に、同じようなアンケートをしたのではないかと思われる。

“地元”の定義がしっかりしているのかな?
誰しも、高校生ぐらいまで育ったところには、愛着があるのではないかと思う。
私がUターン前に、”地元”と言う定義だと、どこの事を書いたのかな?


どこが地元でも良いが、地元が誇れる子供たちが育つ魅力ある街にしていく必要があると感じる。

4 件のコメントがあります。

2月 01 2019

山口東京理科大訪問

投稿者:

今日(2/1)は、午前中は、雨がパラツク天気。

予定通り、8時30分に江津を出発し、一路山陽小野田市に・・・。
昨晩、結構な雨が降ったので、山間部の雪が心配だったが、中国道は、路肩に少し雪があったものの、途中白いものがパラパラする程度。

チェーン規制になるほどでは無く、一安心。
予定通り12時頃、山陽小野田市立山口東京理科大に到着。



山口東京理科大は、初めての訪問。
目的は、江津の優秀企業の方をお連れしてのリクルート活動。

悪い事をしている訳ではありませんが、色々と差し支えがあっても困りますので、お顔を隠しました。

正面を向いている方々が、江津の企業の方々。
背中を向けておられるのが、山口東京理科大の学長、各学科の就職担当の教授の方々。


たまたま、学長が江津市にお越しになった際に、お会いし、東芝の先輩だった事が判り、色々とコンタクトを取らせていただき、お尋ねさせていただいたもの。


冒頭、学長から大学の教育方針等のご説明を頂いた。
なんと、サラリーマン時代行っていたBSC(Balanced Scorecard)を使った目標管理を行っている旨のご説明があり、思わずサラリーマン時代を思い出してしまった。
先生方も、適切な目標が明確になり、頑張っておられる様です。

更には、生徒には、
人に対する優しさ
自らを律するひたむきさを身に着けてほしい。と言っている。
しかし、それだけでは社会の荒海では生きていけない。どのような環境にあっても頑張れるたくましさを身につけてほしい。と。

素晴らしい、学校を作り上げられていると感心した。


江津市から訪問した企業の概要をご説明し、質疑応答を実施させていただいた。
その後、学長に学内を1時間ほど、ご案内頂いた。
途中、図書館では、勉強している学生が多数。
我々の頃(私とその仲間だけ?)は、アルバイトに出かけるか、雀荘に行っていた気がするが・・・・。



江津市近郊には、工学部等の技術系大学が無く、生産系企業の多い江津市としては、良い関係を継続させていただきたいと思う。

席上、インターンシップの引き受け状況のご質問もあり、色々な手(通う事が出来ないので、宿の確保等で)を使い、是非引き受けてもらいたいものと感じた。
また、先生方には、江津の企業のご訪問頂けるようお願いした。


今回は、学生さんと直接お話しする時間は無かったが、今後は、そんな時間も作れれば感じた。


山口東京理科大の学長及び就職担当の先生方には、入試前のお忙しい時に、お時間をお作り頂き、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。




日EU経済連携協定(EPA)が2月1日に発効した。と。

新聞記事

TPPの時は、野党、農協等が大騒ぎして、色々とニュースなったが、このEPAは、ほとんど騒ぎにはならず。

その詳細を説明する報道も。ほとんど無かった為、全く無い様が判っていないが、TPPと同じような事なのかな?
となると、野党や農協は、何故騒がないのだろうか?

この協定で、チーズ等が、即刻関税撤廃となり、新たに輸入する商品は、関税が無くなる様で、値下がる事は消費者として嬉しい限り。

しかし、TPPが発効されているが、実感が全く無いのだが、私が購入するものが、その枠内に無ないのか?それともまだ以降処置で、その効果が見えないのかな?


益々、TPP、EPAが拡大され、実感できる様になったほしいと思う。

2 件のコメントがあります。

1月 31 2019

島根入込客

投稿者:

今日(1/31)は、朝からまとまった雨が降っています。
これだけの雨量は、久しぶりだと思います。

昨日、報告しました通り、明日は山越えで、山陽小野田市へ移動します。
天気予報では、明日も同じような雨。
それほど気温は低くないので、山間部も大雪にはならないとは思うのですが・・・・。
チェーン規制にだけはならない事を祈りたいです。




先日取り上げた、野球部が入場料500円のダンス部の公演に出演した事で、高野連から問題視された件で、処分を保留となったとの報道。

新聞記事

記事上、解せないのが、この件で、「しかし高知商以降、複数の高校から同様の報告、問い合わせが上がってきたこと。さらに主催者である学校の同好会が営利団体に当たるかどうかを慎重に議論するため、結論を一旦保留した。」とある。

「他の高校からも同様の報告が上がった」事で、保留にしたとも取れる。
報道に乗せるほどの問題と感じていたならば、世間の反応は気にせずに、対象校すべてを罰するべきと考える。
しかし、その世間の反応を気にして、保留としたならば、やはり、この組織はいかがなものかと疑いを持ってしまう。



以前の野球部所属の女子マネージャーや女性監督のグラウンドでの処置方法も含め、時代とか、世の中の情勢と大きくかけ離れている気がする。
プロ野球関連等は、野球離れが深刻と騒いでいる事には、全く関係ないと言っている様なもの。


この事は、中学生に携帯電話を持たせない事で、トラブルを回避している事と同じ様な気がする。
高野連も、先生が中心の組織。
過去と比較し新たな物は、トラブルが発生すると困るので、すべて禁止としている様にしているとしか思えない。

2020年から始まる教育改革は、まずは子供たちの為だけでなく、その業界の改革も実施てほしいと思う。




島根県の昨年の入込客数が発表されたようです。

前年比4.2%減の591万人だった様です。
記事では、相次ぐ災害が響いたとあるが、本当にそうなのかな?

被害の無かった出雲地区が、3.4%減の420万人。
被害の有った石見地区が、6.0%減の166万人。
「災害の為に、減少しているとしている。」としているこの分析は、正しいのかな?


記事内にある、2009年度からの推移を見ると、出雲大社の大遷宮だった、2013年は、大きく観光客が増えているが、その後減少傾向。
島根県の入込客のほとんどが出雲大社。
2011,12年は、その工事の為に、減少したのではないかと思われ、かつ大遷宮の余韻と考えられる2017年までを除くと、2010年と2018年を見ると、明らかな単調減少として繋がる。



勿論、色々な対策を講じている事は認識してはいるが、この傾向はさみしい限り。
何とか、対策が功を奏して、単純上昇に転じてくれることを祈りたい。

コメントはまだありません。

1月 29 2019

景気拡大 最長?

投稿者:

今日(1/29)は、朝からたっぷり日差しのある天気でした。
毎日が、こんな天気だと良いのですが・・・。




2012年12月から始まった景気拡大期間は74か月(6年2か月)となり、「戦後最長になったとみられる」との認識を示した。

新聞記事

データー上では、景気拡大はしているのでしょうが、実態としてはどうなのでしょうかね?
とは言っても、先日のサラリーマン川柳の中には、景気が悪い故の川柳は、ほとんど無かった気がするので、知らず知らずの内に、景気は回復しているのでしょうね。

今の仕事がら、各企業の状況は、色々と聞いてはいるが、「儲かって、儲かって」との発言は無いが、「忙しい、忙しいが、人がいない。」との発言はある。
この発言も、景気の上向きを物語っているのかな?

景気は、悪いより、良い方がいい。




その反面、色々と苦労している業界の話題が・・・。
山陰合同銀行は4月から、島根、鳥取両県の49出張所で窓口業務を午前11時30分から1時間休止する昼休みを導入すると発表した。と。

新聞記事

地元の新聞では、銀行法の改定で、営業時間を各銀行で設定できるようになったための対応との事。

都市銀行が、人員削減する事がニュースになり、大学生の就職希望ランキング上位から転落した。
0金利政策が、響いているとの指摘もあるが・・・。

一生安泰という産業は、無いのかな?
これから就職する方は、大変だ。

4 件のコメントがあります。

1月 23 2019

錦織ベスト4ならず

投稿者:

今日(1/23)は、朝から日差しのある天気。
しかし、昨日より風が強く、体感的には寒かった。



錦織圭君 ベスト4ならず。
残念ながら、第2セット途中での棄権となった。

新聞記事

試合開始から、TVの前で、パッチリ見る体制だったが、第1セットから動きが悪いのが、素人目にも判り、今までの激闘もあり、なかなかエンジンがかからないかな?と思っていたが、残念でした。
右、ふくらはぎを気にしていた様で、早く回復する事を祈りたい。
しかし、今回の全豪では、明らかに粘り強くなったと感じ、次の戦いが楽しみです。



一方、大坂なおみさんは、ベスト4に進出。

朝10時から、市内で講義だった為に、大坂なおみさんの試合を見る事が出来なかったが、講義終了後確認すると、2-0で圧勝で、ベスト4。
相手のエリーナ・スビトリナは、昨年のツアーファイナル優勝者との事で、その選手を、事も簡単に破る彼女は凄い。

新聞記事

しかも、記事によると、第1セットを取った時の勝利が58連勝との事。
しかし、ここに来て第1セットを取られて、第3セットに入っても、勝ち切っているので、これは、益々優勝カップの影が近づいてきた。



昨日のブログで、インフルエンザの予防として、タミフルを予防薬として飲む事が少々疑問と書いたが、今日、たまたま講義で介護関係者に会う事があり、少々聞いてみた。

まず、タミフルを予防薬で、受け取る事は出来るが、その時は、予防となると保険が効かない為、実費となるとの事。
介護施設では、会社がその費用を負担している所もあるとの事。
更には、施設従業員が服用した際に、副作用で眠くなったりして、自動車の運転が出来なくなる可能性もあるとの事。

施設の利用者に服用してもらうには、当然医師の診察を受ける必要もあり、高齢者では、服用が危険となる可能性もあるとの事。

と言う事で、昨日の介護施設の新聞記事で、県の指導に対して、利用者に服用させていなかった事が原因としている件は、一概には言えないのではないかと思っているとの見解でした。

なかなか、難しい問題と感じました。

コメントはまだありません。

次へ »