カテゴリの最新記事

カテゴリ:食、食材

11月 11 2018

鳥取でジンベイザメ

投稿者:

今日(11/11)も、朝から晴天で、気持ちの良い1日。

 

 

鳥取県の勝田川河口付近で、ジンベエザメ1匹が迷い込んでいるのを県職員が確認した。

県によると、日本海側で迷い込んだジンベエザメが見つかるのは珍しいという。

https://www.asahi.com/articles/ASLCB721PLCBPUUB00G.html?iref=pc_ss_date

鳥取県に、居たと言う事は、島根沖にもいると言う事かな?
残念ながら、今回は、救出に失敗し死んでしまった様ですが・・・。

 

ジンベイザメは、プラクトンや小魚を食べているとの事で、最近、私なんかが釣る魚がいなくなっているのは、こいつらの為?

こいつらが食べると言うより、こいつらが入ってくるぐらい水温が上がっていると言う事なのでしょうね。

 

更には、北の船も日本海に入って来て、イカなどの乱獲があると報道されている。
先日の報道で、タラバガニの稚ガニが育たず、3年後には捕獲量が激減すると予想されているし・・・・。
日本海から、魚などが消える日が来るのではないかと・・・?

 

魚は、天然物が旨いとは思うが、これだけ捕獲量が予測できないとなると、やはりすべての魚介類の養殖技術が必要なのではないかと・・・。

天然の魚介類は、口に入らなくなる時代が近づいているのでしょうね。

2 件のコメントがあります。

11月 10 2018

5年間で7千人を削減へ

投稿者:

今日(11/10)は、朝から晴天。
朝夕は、冷え込みがあるものの、日中はポカポカ。
来週あたりから、日中も15℃程度の日も増えてくるようです。いよいよ冬です。

 

 

驚きのニュースが・・・。

東芝は、2019年度からの5年間で、従業員約14万人(今年3月末時点)の5%にあたる約7000人の人員を削減すると発表した。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181108-OYT1T50095.html

エネルギー部門やIT部門などで1500人規模の早期退職を募る。このほか毎年1000人以上が定年を迎える見通しで、5年間で約5000人の自然減を見込んでいる。と。

今から、20年程度前にも、大規模の人員削減をしたが、今回も大規模。
その時は、退職金+αの、αがかなり大きく、タイミングよく家業を継ぐ為にUターン等を考えていた人にとっては、棚からぼた餅状態。
私が、Uターンした時は、早期退職を募る事は無く、ノーマルの退職金のみ・・・。残念。

更に、就職斡旋会社の費用は、1年間だったか(?)、東芝持ちだったと記憶している。

 

このタイミングで、早期退職に手を上げるのは、優秀な方が多い。
勿論、肩叩かれる方もいるが・・・。

しかし、今は各社共に労働者不足で、社員を大事にする動きがある中、人員削減は、どうなのだろうか?
組織変更、人事異動等で、乗り切れなかったのだろうか?
早期退職の方が、外国企業に流れなければ、良いのだが・・・・。

 

一緒に仕事をしてきたメンバーで、現在40歳台から50歳台の方が多くいる。
エネルギー部門も対象になっている様で、少々、心配。

 

 

ホンビノス貝をご存じでしょうか?
最近、千葉の内房内で獲れる外来種の貝の様です。

https://mi-journey.jp/foodie/21666/

TV等で、ハマグリにも劣らない旨い貝と言っていたので、一度食してみたいと思っていた。

 

昨日、近所のゆめタウンの魚屋さんを覗いてみると・・・。
「千葉県産 ホンビノス貝 100g 120円」との表示。

早速、購入し、まずは、そのまま焼いてみた。

見た目は、ハマグリよりも身が薄い感じ。

ハマグリ代替品との報道していたので、その期待があった為か、少々がっかりしたが、価格を考えると、十分旨い貝。
出汁が良く出ると書いてあるので、今度は鍋に入れてみたい。

しかし、外来種は、日本品種の生態系に影響を与えるので、駆除の方向だが、この貝は良いのだろうか?

2 件のコメントがあります。

11月 06 2018

ズワイガニも少子化?

投稿者:

今日(11/6)も、良い天気だったが、風が少々強かった。

 

島根県出雲市知井宮町で、祖母と母を殺害された事件が発生した。と。

https://www.asahi.com/articles/ASLC54GYRLC5PTIB009.html

なんとも、島根県で、こんな事件が発生してしまった。
犯人は、島根高専の専科(高専5年で卒業し、その上のクラス)の生徒で、夕方のTVで、高専の校長が「優秀な子で、こんな事をする等、全く予想も出来なかった。」と記者会見を行っていた。

今は、一時の高専の評価は無くなったものの、県内を中心として優秀な生徒が集まっているのが高専。

数年前には、国立大の女子大生が殺人事件を起こしたり、「優秀で、挨拶も良くするおとなしい子」的な評価を受けている子が、とんでもない事件を起こしている感じがする。
勿論、子どもを一括りにはできないが・・・・・。

何かが、間違っているのでしょうか?
それとも、最近はインターネット等の進歩により、色々な情報が入ってくるので、そう感じるだけなのだろうか?
家族を殺害するような、不幸な事件が無くなりますように・・・・。

 

 

ズワイガニも少子化?らしい。

https://www.asahi.com/articles/ASLC53JHNLC5PJLB005.html?iref=pc_ss_date

今年は昨年並みの水揚げが期待できるものの、来年以降、資源量が減り、3年後には今年の2分の1程度まで激減すると予測する。と。

夕方のTVニュースでは、生まれる量は、変わらないが、何かの要因で稚カニの成長過程で死亡率が上がっているのか?又は、他海域に流れているのかは、不明との事。

 

魚やカニなどの天然物は、何かしら自然の影響があるのか、人間の乱獲が悪いのか?

 

カニは、今でも高額で、なかなか口に入らないが、益々口に入らなくなってしまいそう。
今年は、昨年並みの漁獲高が予想されるとの事で、今年は、頑張ってズワイガニ食べるかな?

どなたか、稚カニの養殖してくれませんかね?

6 件のコメントがあります。

11月 02 2018

東芝ラグビーが・・? 

投稿者:

今日(11/2)は、明け方は寒かったものの、午前中日差しが出ると風もなく一気に暖かくなった。
しかし、午後からは、曇りがちとなり、肌寒さも・・・・。

 

今日で、Uターン丸12年です。
干支で言うと、一回りしました。
歳を重ねると、時が経つのが早いと言うのを実感しています。

 

午前中、天気が良かったので、アクアス広場で開催されている「第4回B級グルメ大会」に出かけてみた。

この催しは、毎年、この時期の3日間の開催。
今日は、金曜日と言う事で、時間も早かったので、人出はまばら。

11時ぐらいだったのに、早々と行列の出来ている店も。
人間ドックは、問題無しだったものの、もう少しダイエットは、続ける必要がある身としては、”毒”が並んでいる様な物。
持ち帰りが出来る物を2点程購入した。

3日、4日も天気が良さそうで、相当な人出があるのではないかと?

 

 

JAグループの旅行会社が作成した、鳥取県の観光キャンペーン広告が、話題になっている様です。
一見、普通の広告に見えるが、よく見ると、日本地図に「ここだっちゃ」と指しているのは、鳥取県ではなく、隣の島根県。

https://www.fnn.jp/posts/00404373CX

「高度なギャグなのか、ガチミスなのか」、「鳥取県民だけどめっちゃ笑った」、「Tシャツ化されたら買うぞ」などと、ネットで話題になっています。と。

 

最近は、この手の話題は少なくなっていたのですが、Uターンした頃は、知名度の低い県として、宮崎、島根、鳥取は、いつもこの話題。
関東に暮らしていた時は、これは実感でした。
残念ですが、あるあるネタです。
と言う事で、地元の方は、目くじらを立てて怒る人は、いないと思います。

 

 

残念なニュースが・・・・。
東芝が、ラグビーのチーム運営から撤退する検討に入ったことが分かった。と。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/02/kiji/20181102s00044000048000c.html

東芝のラグビーは、東芝府中工場に所属。
この工場では、発電所関係の各種制御装置、計算機システム等を作っていて、私も当然関係していた。
ラグビー部のメンバーは、各部に所属しており、当時は数名の現役選手と会議室で同席する事も有り、またOBも何人も知り合いがおり、その関係でルールを教えてもらったものです。

現役のフォワードの選手(スクラムを組むメンバー)が工場内を歩いていると、どこから見ても、ラグビー選手と判るほど。

彼らはOBになっても、体育会系の乗りは、取り除けないようで、Uターン時何回かの送別会を行っていただいたが、最後の送別会は、火力発電所関係の部署に所属していたラグビーOBが幹事を務めて開いてくれたものだった。
最後は、火力グループから離れ、他事業部の転籍していた事も有り、送別会も、2,3ケかな?と思っていた所、ありがたい事に、元の火力Grの方も、それぞれの組織で送別会を開いてくれ、プライベートも含め、20強の送別会を開催してもらった。
と言う事で、9/30退社し、11/2Uターンしたのだが、10月に入っても、送別会続きで、その最後がラグビーOBが開いてくれた会だった。
その時の彼が電話してきた時
「山藤さん、連絡が遅くなったのですが、Uターン前に、送別会をしたいのですが・・・。まさか、我々の送別会を受けられないとは言いませんよね?」だった。

 

私の思い出はともかく、そのラグビー部が、無くなるのは、寂しい限りです。
東芝、ラグビーの他に、東芝野球部、東芝府中野球部、東芝男子バスケット部、東芝女子バレーボール部の日本リーグ所属チームが有り、その他スキー等でオリンピック選手が排出されたりと、その話題で、社内が明るくなったと思われる。
そのスポーツチームが次々に姿が無くなる事は、寂しい限り。

 

会社の立て直しが、1番ではあるが、早く安定した経営になり、再び、スポーツチームを呼び戻してほしいと思う。

 

ブログアップ前に、ネットを見ると、東芝が上記報道否定したとのニュースも

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110200523&g=spo

そうであると、嬉しいのですが・・?
どうでしょうか?

2 件のコメントがあります。

10月 30 2018

三隅火力2号機着工

投稿者:

今日(10/30)は、朝から暑い曇がでて、風も無いのに空気が冷たい。
昨日までの2,3日は、少々風が強く、その為に寒く感じていたが、空気自体が冷たいと感じたのは、今年初めて。
いよいよ、その季節になった感じです。

 

 

島根県の三隅火力発電所2号機が11/1着工する。と。

当初2001年6月着工予定だったものが、数度の延期を経て17年5か月遅れの着工となった。
営業運転は、2022年6月予定。

 

サラリーマン時代、火力発電所の建設には、多くかかわってきたが、その地元に居た訳ではなく、工事着工のイベントのイメージは無い。
と言うのも、まずは土地の整地に始まり、ボイラ建屋、タービン建屋等の建設が先行的に行われる。
一部、大型機器については、その建屋工事前に据え付ける物もあるが・・・。

 

プラントの制御系を設計する立場だった私は、着工の頃となると、プラント内の流体の基本設計に従い、徐々に設計が始るころだったが、まだまだという時期。

制御系が、本格的な設計に入るのは、営業運転の3年ぐらい前からで、三隅火力2号機だと、あと1年後。

徐々に設計が進捗し、社内の他課や他社との取り合い(ハード機器との接続方法だったり、信号の種類等の膨大の量)を、確認しながら、徐々に、色々な装置等の手配が始まり、営業運転1年ぐらい前から、各装置の据え付けが始まり、各種試験が、並行して始まり、約半年間は、戦争。
その後、営業運転までの半年間は、総合試験等が行われ、営業運転日を迎える。

 

プラント系の主な大イベントが、”火入れ”(ボイラに初めて点火される事)。
その為には、水回りの配管等は、すべて完成している事。
次が”通気”(タービンに初めて、蒸気を入れる事)
その為には、ボイラ、タービン本体及び関係する蒸気ライン、すべて綺麗(ゴミ、チリが無い)状態に完成している事。
次が、”併入”(初めて発電され、発電所外へ送電する事)
その為には、すべての機器が、完成している事。

勿論、営業開始日も含め、これらのイベントが遅れると、その責任会社は、ペナルティーが科せられる事も有り、このイベント日を目指して、色々な事が進んでいく。

その後、3.11等で問題になった、AC電源断試験、DC電源断試験、更には定格の100%の運転中に、一気に0%に遮断した時の影響を見る試験等も実施される。

 

なんとなく、その当時を思い出し、書いてしまいましたが、詳細は、このくらいにして・・・。
勿論、発電所が出来る事で、完成後は島根県、浜田市への固定資産税等が入り始めるのと、近隣の漁協等には、色々な補償が支払われる事となります。
地元の業者が、工事に参入する事や、材料等の支給業者も潤います。
更に、建設中においては、まずは土木工事業者に始まり、建屋建設工事業者、そしてボイラ、タービン等のメーカー担当者と、入ってくることによるホテルの宿泊及び近隣の飲食店、更にはタクシー会社等には、嬉しい事と思います。

その為か、浜田市駅前、益田市駅前にホテルが建設される様です。
3年間ぐらいは、潤いますが、その後は、大丈夫かな?

何はともあれ、三隅火力発電所2号機が建設される事で、色々な良い事がある事を期待します。

 

 

皆さん、魚を食べましょう。

https://www.asahi.com/articles/ASLBL3H3RLBLULBJ004.html?iref=comtop_list_sci_n03

魚をほとんど食べない人は、習慣的に食べる人に比べ、大動脈瘤や大動脈解離で亡くなるリスクが高いとする研究結果を国立がん研究センターと筑波大などの研究グループが発表した。と。

試験の結果、「週1~2回」食べる方と、「ほとんど食べない」方を比較すると、大動脈瘤や大動脈解離で死亡するリスクが1・9倍と高かった。と。

島根県が、比較的長生きとされているのは、この為かな?

こうなると、漁師もしっかりやらないといけないかな?

コメントはまだありません。

10月 18 2018

東京初日

投稿者:

今日(10/17)は、島根県は晴天。東京は、曇りがち。

 

12時55分石見空港から、羽田に。到着後、日本橋島根館へ。
そこには、島根県立横田高校の生徒が、仁多米の販売実習中。
その中に、なんと以前江津市に住んでいて、現在横田高校のコーディネーターをしているR嬢も。

仁多米は、東の魚沼産、西の仁多産と言われている米で我が家も仁多米。
可愛い高校生に迫られると、と言うことで購入。

 

 

ちょうど、完売で喜ぶ生徒たち。
涙する生徒も・・。
久しぶりに、純粋なものを見た気がした。

みんなでで記念撮影。下で顔だしているのが、知り合いのR嬢。

この写真をHPに乗せる許可を頂き、顔は、隠しますからと言ったら、大丈夫ですよと。
ということで、良い笑顔をお届けします。

 

お店の前で、記念撮影。

 

 

その後、銀座4丁目までプラプラ、途中伊東屋で植物工場、日産ギャラリー等を視察。

夕食は、スペイン料理。

https://r.gnavi.co.jp/a466130/

 

会食後、お見せの前で・・。
流石に、ミシュラン店。
料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

明日も、豊洲と、東芝タービン工場の予定です。

コメントはまだありません。

10月 11 2018

豊洲 開場

投稿者:

今日(10/11)は、一気に冬に近づいた様な1日。
午前中は、雨がパラパラ降り続き、その為か午後も気温が上がらず、日中は17℃程度。

 

 

今日から、豊洲市場が開場し、ご祝儀相場が色々と有った様です。

https://www.asahi.com/articles/ASL9Z7GZ0L9ZUTIL02X.html?iref=comtop_8_05

色々な事故等も有り、売り場が狭い等のクレームも出た様ですが、無事動き出した様です。

今後、どうなるのでしょうか?
いずれ観光客の一人として、行ってみたいと思います。
豊洲は、I社があり、バスでしか行けない頃から何度も行っていた場所ですので、どう変わっているか楽しみです。

ご祝儀相場は、良いですが、色々な経費分が消費者には転化されないようにだけは、お願いしたいものです。
更には、生産者への過度な値切りも、ご勘弁を・・・・。

 

 

良い様な悪い様な・・・?
村田製作所と江崎グリコが、菓子が会議に与える効果の実証実験を進めている。と。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181011-OYT1T50106.html?from=ytop_main2

菓子のある会議では出席者の親密度が増し、議論が盛り上がることが判明したといい、効果を詳細に確かめる。事が目的の様です。

村田が開発した「場の空気を読む」システムで発言の量や声のトーン、大きさなどを分析し、出席者の喜怒哀楽の感情を数値化する。と。

「場の空気を読む」システムとは?

 

それはさて置き、それなりの憩いをもたらし、会議が和む事は認める。
しかし、その分お茶を持って会議がスタートし、時々お菓子に手を出して・・・。
お菓子がある時と無い時の、会議時間等も計測してみるべきではないかと・・・?
更には、参加者の中性脂肪量や、ウェストサイズの関係は?

 

古巣の工場の会議室は、イスを無くし立会議室にし、会議時間短縮に取り組んでいたが・・・。
この差は?

 

どちらが、本当に良いのでしょうか?
普段は、立会議室、時々お菓子付きかな?

2 件のコメントがあります。

10月 10 2018

イノシシ出没・・・・。

投稿者:

今日(10/10)は、昔の体育の日で晴れの特約日として、前回の東京オリンピックの開会式の日になったと聞いているけど、この晴れの特約日は、東京での事でしょうか?

今日は、朝から曇りがちで、時々パラパラ来る天気で、午前中の9時過ぎに、結構強い雨脚の時間帯も・・・。
その時、ここ本町に市内の小学生が写生に訪れていたが、あちこちに雨宿り。
我家の玄関の軒先にも、10人ぐらいが、ワイワイガヤガヤ・・・・。
とても、可哀そうでした。
午後は、何とか曇りでおさまったのですが・・・・・。

 

 

先日、町内の方がお越しになり
「自治会長 相談があるんだけど・・・。」
「どうされましたか?」
「隣の空き地に、イノシシの親子が出て、孫が危ない。
鉄砲打つ友達が来て、相談したところ某お寺の裏山上がる所に足跡が有って、ここの出口を塞ぐ事を行いたいのだけど・・・。」
「そこは、お寺の土地だし、一部塞いだとしても、効果が期待できないと思われ、処置する方法があるかどうか相談してみます。」
と、一端預かる事に・・・。

 

と言う事で、今日時間が出来たので、市役所の農林関係の部署へ
「近所で、イノシシの親子が出るらしいのだが、何か対処の方法は無いですか?」
「最近、郷田小学校近郊でも、イノシシが出るとの事で、対子供なので、近々仕掛けの檻を設置する予定です。山藤さんところも、裏山は、繋がっているので、同じイノシシではないかと思われるので、今回の対応の様子を見てください。」と。

上の航空写真の赤丸が、郷田小学校。赤いボッチの印が私の自宅。
青丸が、市役所の方が言う山。

と言う事で、同じ親子イノシシである事が考えられるので、その仕掛けに期待。
早速、依頼者に報告。

 

昔から、イノシシが山間部に出る事は認識していましたが、町内に出没するとは・・・・。
国の動物愛護の観点から駆除できない法律も、ここまで人間に影響が出てくると、問題があると、改めて感じた。
早く、捕まる事を期待です。

 

 

同じく、山の話題ですが、ここ2,3日TVで盛んに「バカマツタケ」の報道。

https://www.sankei.com/west/news/180507/wst1805070023-n1.html

新聞記事では、今年の5/7の記事でした。

香りも味も、マツタケそっくりだそうですが、収穫できる時期が少し早い事で、うっかりもの的な意味合いで「バカマツタケ」という可哀そうな名前の様です。
この「バカマツタケ」の人工栽培に、奈良県森林技術センターが全国で初めて成功したのだそうです。

TV報道では、数年後には、大量栽培が出来、市場に出回るのではないかと。
安価になれば、これは楽しみです。
そういえば、今年はスーパーで中国産のマツタケは、目にしたが口には入っていないな・・・・・。

 

 

巨人は、来年から原監督の復帰との事。

https://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20181010-OYT1T50085.html?from=ytop_top

前回、勇退した時は、もう復帰は無いと踏んでいましたが・・・・。
次は、松井さんと思っていましたが、その選択は全く無かったのでしょうか?

 

コメントはまだありません。

10月 06 2018

台風25号

投稿者:

今日(10/6)は、朝から日差しが有り、台風が近づいているとは思えない天気だった。

10時頃から、徐々に風が強くなり、お昼過ぎから14時30分頃までは、ウェーザーニューズ社のデーターによると12m程度の風だった様です。
瞬間的には、少々強い時間帯も・・・。
15時過ぎぐらいから最も風が強くなる予報だったが、思いのほか台風の勢力が落ちた様で、落ち着いた天候になったが、16時ぐらいからは、吹き返しが強くなり、 ウェーザーニューズ社のデーターによると16m程度の風だった時間帯も・・・。

 

しかし、今年は、はずれ年の中庭の柿の木には、5,6個の実がなっているが、一つも落ちていない。
何とか、秋の楽しみは奪われなかった様です。次は、カラスが・・・・。

この台風の影響で、朝から暑くお昼過ぎには、30℃を超えた。
台風が近づいていて、雨が1滴も降らないとは・・・。こんな経験は初めて?
この辺りでは、この台風での被害は無かった様です。

 

 

築地場内が83年の歴史に幕。

http://www.sankei.com/life/news/181006/lif1810060007-n1.html

初めて築地に行ったのは、何年前だったか、規模の大きさに圧倒された事を覚えている。

 

特に世話になったのが、築地場外市場。
これは、無くならないとの事で、これからでも行けるが、築地市場が豊洲に移転したあとは、どんな雰囲気に変わるのだろうか?
最近は、「産地直送」等の流通も出来てきた様で、豊洲も含めた市場の状況も変わるのかな?

コメントはまだありません。

8月 28 2018

さんま 豊漁

投稿者:

今日(8/28)は、朝から曇りがちながら、湿度の高い蒸し暑い1日。

午前中から、5S巡回として市内企業を数社訪問したが、7月の暑い時の車の乗り降りの温度差に比較して、随分楽になったとは感じた。

 

 

昨日のブログに対して、”三歳からの同級生”君から「今日は”はな”の10回目の誕生日です!」旨のコメントを頂き、下記写真もメールで頂きました。

最近、私のHPにお越しいただいた方には、”はなチャンコーナー”は、何?と気にして頂いている方も・・・。

生まれたばっかりの”はなチャン”の写真を数度掲載したところで、他の方から、「はなチャンコーナー」作ってくれとの要望があり、分類にいれた物。

はなチャンは、埼玉県で暮らす”三歳からの同級生”君家のお嬢さんだったのですが、10歳を迎え、我々と同年代の”おばさん”になりました。

犬は、毛で覆われているため、しわが見えなく良いですね。
年齢が判りづらいです。

 

しかし、もう10年ですか・・・・。
早いですね。

 

 

北海道根室市の花咲港がサンマの豊漁に沸いている。と。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180828-OYT1T50041.html?from=ytop_main2

昨年の記録的な不漁から一転、千島列島沖で大群が見つかり、28日は水揚げを待つ船が沖合で順番待ちをするほどの活況となった。と。

良いですね。

 

ところで、大群とは、どのくらいを言っているのでしょうかね?
記事によると、この日だけで1342トンが水揚げされ
「朝一番の午前7時の競りでは、1キログラムの最高値が227円と、大型船の水揚げ初日となった24日から一気に3分の1に値を下げた。」とある。

 

と言う事で「年間のさんまの漁獲高」を調べてみると、下記の記事が出てきた。

https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_nourinsuisan20180731j-07-w360

7/31の水産庁のさんま漁獲高予想の記事。
「8月から12月までサンマの漁獲量が4年連続で不漁となる見通しだと発表した。半世紀ぶりの低水準だった前年は上回るものの、2015、16年並みにとどまる。」としている・・・・。
グラフ上には、今年は11万5000トンと予想している。
1つの漁港で、1日1342トンは、大漁とのイメージは出来るが、これがいつまで続くか?

どんどん大群が押し寄せてほしいのだが・・・・?

7/31の水産庁の予報が外れますように・・・・・。
安くて旨いさんまは、大歓迎。

9 件のコメントがあります。

次へ »